スージーのeBay何でも相談室 「eBay 自分の商品説明や画像が盗用された場合は?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!先日、自分がeBayに出品した商品の価格の動向を調べていたら、私の商品写真と商品説明を丸パクリしている出品があったんです!! 一生懸命に作ったものをそのまま転用するなんてひどすぎます!! 」

スージー「それはひどいね。eBayでは、他人が作った写真や商品説明を盗用することは禁じられているんだ。」

メグ「そうですよね!! 」

スージー「写真や商品説明は作った人の権利をあきらかに侵害しているからね。いわゆる著作権侵害にあたるんだ。今日は、商品説明や画像が登用された場合の対処方法を解説していくね。」

 

Images and text policy/画像とテキストに関するポリシー

eBayにて出品ページを作成する際、セラーは、自身で商品説明を書き、自身で写真を撮影することが大前提です。正確な商品説明や商品写真は、バイヤーの購買意欲を高めることが出来ます。

なお、新品商品の場合、eBayカタログに登録されているものは、eBayカタログを使用した出品を行います。eBayカタログには、メーカー画像、または、eBayの裁量で、eBayが他のセラーの出品から転用した画像や商品説明が含まれます。

 

自分の商品説明や画像が盗用された場合は?

自分の商品説明や画像が盗用された出品を見つけた場合は、以下の対応を行います。

 

1. 該当セラーへ画像や商品説明の削除を依頼する

該当のセラーへ「Contact seller」から連絡をして、画像や商品説明を出品から削除するように依頼をする必要があります。

(例文)
As we have seen your listing, you seem to be using our images and item description.
Please stop using our images and item description immediately.
If you do not stop it, we will report it to eBay.

(訳)
あなたの出品を見たところ、あなたは私達の画像や商品説明を使用しているようです。
直ちに私達の画像や商品説明の使用をやめて下さい。
もしあなたがそれを止めないなら、eBayに通報します。

ポイントは、「止めなければ、eBayに通報する」です。これで、ほとんどの場合は、使用を止めるはずです。

 

2. eBayのVeRoチームへに通報する

もし、1.を行なっても、画像や商品説明が削除されない場合は、以下のPDFフォームにて、eBayのVeRO(Verified Rights Owner)チームへ通報することが出来ます。

(フォーム)
Image/Text Theft Notice of Claimed Infringement
(画像/テキストの盗難に関する侵害の申し立て通知)
http://pics.ebay.com/aw/pics/pdf/us/help/community/ITTNOCI1.pdf

(通報先)
vero@ebay.com

 

一番上には、あなたのユーザーID, 名前、eBay登録住所、メールアドレス、電話番号を入力します。

Your original item number(s)のところに、あなたの画像や商品説明文が盗用されたItem Number/アイテムナンバーを入力します。

Type of contents taken by reported sellers(s)(Image, text, or both)には、何が盗用されたのかを書きます。画像ならImage、タイトルや商品説明文であればTextと入力します。両方であれば、Bothです。

Item number using your contentのところには、あなたの画像や説明文を盗用したセラーのItem Number/アイテムナンバーを入力します。

最後に、署名、日付を記入し、eBay VeROのメールアドレスへ送信します。

 

 

商品説明や画像を盗用されない方法とは?

予め、eBayにおける商品説明や画像を登用されない方法はあるのでしょうか。まず、商品説明に関しては、極めて困難と言えるでしょう。商品説明をテキストではなく、画像としてアップロードしているセラーをたまに見かけますが、検索等では、キーワードが有効に働かないため、お薦めは出来ません。
2017年秋以前のeBayでは、画像盗用防止のための「ウォーターマーク」の画像への挿入が認められていました。しかしながら、2017年秋のセラーアップデート以降、完全に禁止ではないものの、「Googleの検索に不利」という理由から、その挿入を推奨していません。いずれは禁止事項になると思われます。
自身のIDを紙に書いて、商品と一緒に撮影する、といったセラーもいますが、商品写真以外のものを写真に取り込まない、事がポリシーの大前提であり、また、写真のクオリティはどうしても下がってしまいます。現状では、決定的な事前対策は存在しないと思われます。

 

今日のまとめ

もし、eBayにおいて、自分の商品説明や画像が盗用された場合の対処として、「該当セラーへ画像や商品説明の削除を依頼する」「eBayのVeROチームへに通報する」という2つの方法について解説をしました。気をつけておきたいのは、「あなたの商品写真が、eBayカタログとして使用されている」場合です。eBayは、eBayに掲載されたセラーからの写真等の情報を自由に使用することが出来ます。カタログで公式に使用されるのは、嬉しいのか、嬉しくないのかは分かりませんが(苦笑)これに対しての申立ては出来ないことを覚えておいて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください