スージーのeBay何でも相談室 「eBay Growth~Listing improvements とは?その2」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!前回は、eBayのGrowth機能におけるListing improvementsのPricing guidance(価格の提案)について学ばせて頂きました!!」

スージー「Price guidanceや、eBayから定期的に配信される”Improvement your listings”では、価格のアドバイス、まあ、そのほとんどは、値下げ提案だよね。これらは、UPCなどの商品情報を元にしているから、価格改定の取っ掛かりとして活用していくことが大事だね。」

メグ「はい、そうですよね。せっかく高く売れているものを安くする必要はないですからね(笑)」

スージー「今日は、Listing improvementsの2つ目、Unperforming listings(不十分な出品)について、解説をしていくね。」

 

おさらい~Growthとは?

Growthとは、「成長」という名の通り、あなたのeBayビジネスをより活性化させるための支援ツールです。具体的には、「あなたのeBayの出品、このように改善すれば、もっと売れますよ!!」という、アドバイザー的な機能と考えて下さい。

Listing improvements (出品リストの改善)とは?

Listing improvementsとは、「出品リストの改善」という名の通り、価格の見直しに関する提案や、売上の良くない出品の抽出を行なってくれるツールです。

 

Seller Hub画面のGrowthにカーソルを乗せると、メニューが表示されますので、「Listing improvements」をクリックします。または、Growthをそのままクリックします。

すると、以下のような画面が表示されます。Listing improvementsには、「Pricing guidance(価格の提案)」「Unperforming listings(不十分な出品)」の2つのメニューが表示されます。

 

Unperforming listings

Unperforming listingsは、その名の通り、「売れ行きが良くない出品」を指します。Pricing Guideでは、単純に推奨価格が提案されますが、Unperforming listingsでは、その商品の価格の推移や、他のセラーとの比較など、より細やかな分析を行うことが出来ます。

左側の▼内メニューには、「View Listing(出品を見る)」「Analyze Listing(出品を分析する)」「Match price(推奨価格に合わせる)」の3項目があります。「Match price」は、Price Guidanceでの機能と同様で、クリックすると、すぐにRecommended price(推奨価格)に変更されます。ここでは、「Analyze Listing(出品を分析する)」をクリックしてみます。

 

Analyze Listing

Analyze Listingには、「価格の見直し」「競合比較」「価格動向」「他のセラー状況」が1ページで分かるようになっています。

価格の見直しは、Price Guidanceと同様です。Recommended price(推奨価格)は、eBayや他のショッピングサイトにおける同じアイテムの価格に基づくものです。これには、異常値やセールなどのプロモーションでの価格は除かれています。
Adjust price(価格を合わせる)、または、Revise your listing(出品を編集する)から選択できます。

Competitive pricing of items like yours(競合他社の価格)では、eBayや他のネットショップでの価格帯や売上数量などが表示されています。

Price trend for sold items like yours on eBay (価格相場)1ヶ月間の価格の変動を確認することが出来ます。

Compare your traffic to the competition(競合他社とのトラフィックの比較)では、ページビューなど、トラフィックの情報を比較することが出来ます。

Review eBay listings like yoursでは、自身と、主な競合他社を横一列で比較することが出来ます。

 

eBayのアドバイスに納得が行かない場合は?

eBayからのアドバイスは、UPC等の商品情報に基づいたものです。もし、納得が行かない内容があった場合は、リスト内の旗マークをクリックし、消すことも出来ます。

クリックすると、以下のように表示されますので、アドバイスを消去したい理由にチェックを売れ、「Remove」をクリックします。

The recommended price is not helpful because:
(推奨価格は以下の理由で役に立ちません)

・My category is not suited to like-for-like comparisons (e.g. collectibles)
(カテゴリーが、コレクティブルなど、比較には適さない)
・The listings compared to mine are wrong (e.g. condition/lot)
(比較しているリストが間違えている)
・I don’t trust the recommendation
(推奨価格を信じない)
・I can’t match the recommended price
(推奨価格に合わせることは出来ない)
・Another reason
(他の理由)

恐らく、これはアンケートのようなもので、これを元にGrowthの機能をより向上させる目的のものと思われます。

 

今日のまとめ

今回は、eBayのGrowth機能におけるListing improvementsのUnperforming listings(売れ行きの良くない商品)について解説をしました。このデータは、あくまでもUPCに基づいた商品情報から抽出されたものです。同じ商品でもUPCの入力がない出品や、誤ったUPCが入力されてしまっている出品もあります。比較対象が異なったり、不向きなカテゴリーもあったりします。よって、Unperforming listingsの情報に基づいて、一旦、自身の出品を確認した上で価格改定を行うようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください