スージーのeBay何でも相談室 「eBay 2018年度春期セラー・アップデート~その4」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!前回まで、eBayの2018年度春期セラーアップデートにおける”在庫の最適化””eBayストアの更新””Return policy(返品ポリシー)の簡潔化”の3つについて、学ばせていただきました!!」

スージー「じゃあ、今日は、2018年度春期セラーアップデートに含まれている”eBayセラープロテクション”について解説をしていくね。」

 

eBayセラーアップデートとは?

eBayでは、健全なeBayマーケットを保つために、「セラーアップデート」というものが定期的に実施されています。その名の通り、eBayセラーに向けたポリシーが更新されます。通常、春と秋の年2回が実施のタイミングですが、2017年は夏にも実施がなされました。eBayセラーアップデートは、eBayのページを通じて発表され、アメリカのみならず、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなど、各国のeBay毎に異なる場合があります。その内容は、セラーに対して、手数料の引き上げなど、厳しくなるものから、逆に、緩和されるものまで様々です。eBayビジネスを健全に続けていくためにも、新しいポリシー、ルールをしっかりと受け入れ、対応していきます。

 

eBay 2018年度春期セラーアップデートの概要

今日は、eBay.com(アメリカ)における2018年度春期セラーアップデート(2018 Spring Seller Update)を紹介していきます。
eBay及びeBay Japanの公式サイトにはその全容が紹介されていますので、併せてご確認ください。

(アメリカ)
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-spring/index.html
(日本)
https://www.ebay.co.jp/news/seller-update/sr181/

今回の変更は大きく6つの項目となります。今日は4つ目の「eBayセラープロテクション」についてを開設していきます。

 

eBayセラープロテクション

1. バイヤーからの返品を受け取ったら、商品が元の状態でない場合

2018年6月1日より、Free return(返送料無料)を提供している場合、eBayの取引において、「バイヤーからの返品商品が元の状態でない場合」、セラー保護の対象となる場合があります。

 

例えば、新品商品が使用されていた、商品が損傷、または部品が不足している、などを指します。

今までは、商品の返品を受け取った際、eBay上で「Received~受領」の操作をすると、自動的に取引金額全額が返金処理されました。
今回、返品商品が元の状態でない場合、一部返金による対応をセラー自身で決定することが可能になりました。
その際、バイヤーから「一部返金では納得いかない」などのクレームになった場合、その後の対応はeBayに引き継がれ、セラーの手から離れます。また、バイヤーがセラーに対し、Negativeの評価を付けたとしても、それは削除されます。

 

2. アメリカ国内と国外におけるReturn Policy(返品ポリシー)の別途設定

アメリカ国内とアメリカ国外の取引に対するReturn Policy(返品ポリシー)を柔軟に設定する事が可能になります。例えば、アメリカのセラーで、アメリカ国内の取引であれば、Free return(返送料無料)、アメリカ国外での取引であれば、返送料はバイヤー持ち、という設定ができる、という事です。
これは、日本を含む海外セラーへの返品要件が若干緩和される可能性を示唆しています。

eBayは、アップデート毎に、「よりバイヤーに優しい返品ポリシー」を、セラーに対して求め続けています。筆者自身もFree return(返送料無料)を設定していますが、過去と比べて、返品が増加したりすることはないですし、「バイヤーの安心感」という真意は非常に理解できます。

しかしながら、海外セラーにとっては、たった1回のReturn(返品)でも、国際郵便の送料の負担が大きい、という事です。このような点が少しでも改善されると嬉しいですね。

 

3. セラーの権限の及ばない出来事については、eBayがサポート

eBayではセラーの権限の及ばない出来事からセラーを保護し、取引が計画通りに進まななかった場合にセラーをサポートします。

・Handling Time( ハンドリングタイム)内に、追跡番号付きにて商品を発送したにも係わらず、悪天候、配送会社側の業務の遅延、税関手続きの遅れ、eBayサイトのバグなどにより、配送遅延または、商品紛失が起きてしまった場合。
・上記のような配送遅延に起因するNegative Feedbackの削除。
・バイヤーが落札を取り下げた、または支払いを怠った場合。
・バイヤーが注文内容を変更したり、追加の商品・サービスなどを要求した場合。
・クレームや返品の割合が、異常に多いバイヤーとの取引の場合。
・バイヤーが開封、使用後、あるいは発送時と異なる状態で商品を返品した場合。

 

国際郵便の場合、税関の検査強化、国の事情等により、到着の遅延は少なくないです。それに対して、eBayは、「一旦返金し、到着したら再度PayPalで支払ってもらって下さい」「セラー不利の状態で勝手にケースをクローズしてしまう」など、全くセラーには優しくない対応となっていました。これをeBayがサポートするようになる、というのは非常に大きな改善点です。

 

今日のまとめ

今回は、eBay 2018年度春期セラー・アップデートにおける「eBayセラープロテクション
」について、解説をしました。eBayは、「寛容な返品ポリシーはバイヤーにとって重要であり、バイヤーから得る信頼を強化するものである」とし、Free returnを強く推奨しています。その分、今まで手薄であった「セラー保護」に力を入れているように見受けられます。特に、配達遅延を代表とする「セラーの権限の及ばない出来事」について、そのサポート内容が明文化されたことは、大きな改革と言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください