スージーのeBay何でも相談室 「eBay 2018年度春期セラー・アップデート~その3」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!前回まで、eBayの2018年度春期セラーアップデートにおける”在庫の最適化””eBayストアの更新”の2つについて、学ばせていただきました!!」

スージー「じゃあ、今日は、2018年度春期セラーアップデートに含まれている”Return policy(返品ポリシー)の簡潔化”について解説をしていくね。」

 

eBayセラーアップデートとは?

eBayでは、健全なeBayマーケットを保つために、「セラーアップデート」というものが定期的に実施されています。その名の通り、eBayセラーに向けたポリシーが更新されます。通常、春と秋の年2回が実施のタイミングですが、2017年は夏にも実施がなされました。eBayセラーアップデートは、eBayのページを通じて発表され、アメリカのみならず、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなど、各国のeBay毎に異なる場合があります。その内容は、セラーに対して、手数料の引き上げなど、厳しくなるものから、逆に、緩和されるものまで様々です。eBayビジネスを健全に続けていくためにも、新しいポリシー、ルールをしっかりと受け入れ、対応していきます。

 

eBay 2018年度春期セラーアップデートの概要

今日は、eBay.com(アメリカ)における2018年度春期セラーアップデート(2018 Spring Seller Update)を紹介していきます。
eBay及びeBay Japanの公式サイトにはその全容が紹介されていますので、併せてご確認ください。

(アメリカ)
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-spring/index.html
(日本)
https://www.ebay.co.jp/news/seller-update/sr181/

今回の変更は大きく6つの項目となります。今日は3つ目の「Return policy(返品ポリシー)の簡潔化」についてを開設していきます。

 

Return policy(返品ポリシー)の簡潔化

2018年5月以降、eBayの返品ポリシーが簡潔化されました。
eBayでの取引において、商品に問題がなければ、ほとんどのバイヤーは商品を返品することはないです。しかしながら「返品可能」であることは、バイヤーにとって非常に安心感があり、「返品不可」のショップに比べて、より売上を上げています。
そういった理由から、eBayでは、Return policy(返品ポリシー)の設定を義務付けています。セラーアップデート毎に、バイヤーにとって更に優しいポリシーを提供がセラーに求められています。今回は、以下の項目について更新が行われています。

 

1.返品オプションの簡素化

今まで、eBayのReturn policy(返品ポリシー)は、以下の項目について自由に設定が可能でした。

・返品可否:「返品を受ける」「返品を受けない」
・返品可能日数:「14日」「30日」「60日」
・返金方法:「返金」「代替品の提供」「同一商品との交換」
・返送費用:「バイヤー負担」「セラー負担」
・Restocking fee(再出品費用)の請求:「請求しない」「10%」「15%」「20%」
・Additional return policy details(その他)

 

今回のアップデートにて、14日の返品可能日数、Restocking fee(再出品費用)、Additional return policy details(その他)が廃止となります。

・返品可否:「返品を受ける」「返品を受けない」
・返品可能日数:「30日」「60日」
・返金方法:「返金」「代替品の提供」「同一商品との交換」
・返送費用:「バイヤー負担」「セラー負担」

 

2018年8月以降、返品可能日数を14日に設定している出品は、自動的に30日の設定に変更されます。

 

2.例外措置

◯14日以内の返品オプションを引き続き利用できるカテゴリー
・Collectibles & Art
・Cameras & Photo
・Cell Phones & Smart Phones
・Medical, Mobility & Disability Equipment

◯一部返金対応が可能なカテゴリー
・Business & Industrial
・Bullion
・Coin & Paper Money
・Cameras & Photo
・Cell Phones & Smart Phones
・Medical, Mobility & Disability Equipment
・Home Improvement、Furniture
・Musical Instruments & Gear
・Yard, Garden & Outdoor

 

◯アメリカ国内とアメリカ国外について、異なるReturn Policy(返品ポリシー)が設定できるようになります。例えば、アメリカ国内の取引の返品は返送料無料、アメリカ国外との取引であれば、返送料有料と設定が可能です。

 

3. Top-rated Plus(トップ・レイテッド・プラス)の条件変更

Top Rated sellerの更なる上に「Top-Rated Plus」というものがあります。今までは、下記の条件をみたすことで、落札手数料の10%割引を受けることが出来ました。

・Top-Rated sellerである事
・30日間(または以上)のReturn policy(返品ポリシー)を提供している事
・Same business day(同日)または1 business day(1営業日)のHandling time(入金から発送までの期間)を提供していること

 

2018年6月1日以降は、上記の条件に加えて、30日間のFree return(無料返品)に対応すること条件に加えられました。

(例外措置)
◯30日間の返品期間で「返送料バイヤー負担」を設定することできるカテゴリー
・Parts & Accessories
・Musical Instruments & Gear
・Freight Shippingを適用している商品

◯14日間の無料返品が設定できるカテゴリー
・Collectibles & Art

◯返品対応が必須でないカテゴリー
・Prepaid Phone Cards
・Hazardous Materials
・Virtual Currency

 

今日のまとめ

eBay 2018年度春期セラー・アップデートにおける「Return policy(返品ポリシー)」では、14日の返品可能日数、Restocking fee(再出品費用)、Additional return policy details(その他)が廃止となりました。また、Top-rated Plus(トップ・レイテッド・プラス)の条件として、30日間のFree return(無料返品)が加えられました。eBayは「寛容な返品ポリシーはバイヤーにとって重要であり、バイヤーから得る信頼を強化するものである」としています。今回もそれに則ったポリシー更新と言えるでしょう。
一方で、アメリカ国内、国外の返品対応を変更しても良い、という項目が新設されている点は興味深いです。これは、日本を含む海外セラーへの返品要件が若干緩和されるのではないかと考えるからです。今後のeBayの動向に注目していきましょう。

 

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください