スージーのeBay何でも相談室 「eBay 2018年度春期セラー・アップデート~その1」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!先日、eBayの2018年度春期セラーアップデートの内容が発表されましたね。」

スージー「そうだね。前回からもう半年経つんだね(笑)我々は、eBayをプラットフォームにして、日々、商品を販売しているんから、eBayが決めたルールや更新したルールは、しっかり理解をしておくことが大事なんだ。”知らなかった”で、ポリシー違反していたら、大変なことになるからね。今日から数回に亘って、2018年度春季セラーアップデートについて共有していこうね。」

 

eBayセラーアップデートとは?

eBayでは、健全なeBayマーケットを保つために、「セラーアップデート」というものが定期的に実施されています。その名の通り、eBayセラーに向けたポリシーが更新されます。通常、春と秋の年2回が実施のタイミングですが、2017年は夏にも実施がなされました。eBayセラーアップデートは、eBayのページを通じて発表され、アメリカのみならず、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなど、各国のeBay毎に異なる場合があります。その内容は、セラーに対して、手数料の引き上げなど、厳しくなるものから、逆に、緩和されるものまで様々です。eBayビジネスを健全に続けていくためにも、新しいポリシー、ルールをしっかりと受け入れ、対応していきます。

 

eBay 2018年度春期セラーアップデートの概要

今日は、eBay.com(アメリカ)における2018年度春期セラーアップデート(2018 Spring Seller Update)を紹介していきます。
eBay及びeBay Japanの公式サイトにはその全容が紹介されていますので、併せてご確認ください。

(アメリカ)
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-spring/index.html
(日本)
https://www.ebay.co.jp/news/seller-update/sr181/

 

今回の変更は大きく6つの項目となります。今日は1つ目の「Inventory Optimization(在庫の最適化)」についてを開設していきます。

 

Inventory Optimization(在庫の最適化)について

eBayでは、バイヤーが欲している商品を、より検索しやすく、購入しやすくするために、在庫の最適化をセラーに求めています。項目は以下の3つです。

1. eBayカタログの使用
2. カテゴリーの一部における追加、削除、名称変更
3. 単一カテゴリーへの出品(セカンドカテゴリーを使用しない)

 

1.eBayカタログの使用

eBayにて商品を出品する際、eBayカタログ(eBay製品情報:the product catalog)を使用することで、予め準備された商品の詳細説明や写真を活用することができます。eBayカタログを活用した出品は、バイヤーにとって見やすく、より商品の正しい情報を伝えることができるため、バイヤーの高倍率は上がるとされています。よって、eBayは、eBayカタログに該当商品がある場合は、できる限りそこから該当商品を選択して、出品ページを作る事を強く推奨しています。
eBayカタログの使用方法は、以下の記事をご参照下さい。

スージーのeBay何でも相談室 「eBay ベストマッチのための7つのプラクティスとは?~その4」

 

今回のアップデートでは、2018年5月1日以降、以下の商品をeBayに出品する際、必ずeBayカタログを使用することが義務付けられています。

eBayカタログは最近スタートした仕組みではありません。筆者が知る以上では、5年以上前から存在しています。年々、カタログの精度を上げると共に、セラーへの使用を強く促してきています。日本製品のeBayカタログへの登録はまだまだ少ない状況ですが、出品の際、タイトルやJANコード入力時に、eBayカタログが表示された場合は、それに従った出品を行います。

個々のセラーが同一商品を出品している場合、eBayカタログによって、グルーピングされて、表示されます。要は、アマゾンのように、同一商品に対して、様々なセラーが紐付いている、という見え方になります。

 

2. カテゴリーの一部における追加、削除、名称変更

2018年4月10日より、一部のカテゴリーにおいて、追加、削除、名称変更が実施されています。あなたがこの変更で影響を受けるカテゴリーに出品している場合、eBayが自動的に最適なカテゴリーへ移動をします。該当カテゴリー及び変更内容は、以下、eBay公式サイトをご参照下さい。
http://pages.ebay.com/sellerinformation/news/categorychanges.html

 

 

3. 単一カテゴリーへの出品(セカンドカテゴリーを使用しない)

以前のeBayは、「露出が高まる」という理由から、「Second category(セカンドカテゴリー)を推奨してきました。
http://e-kura.com/2017/09/24/secondcategory/

 

ところが、今回のアップデートでは、2018年5月1日以降、「ひとつの最適なカテゴリー」での出品を推奨するようになりました。
理由として、「単一のカテゴリーへの出品は小売業界の標準であるから」としており、2つ以上のカテゴリーへの出品で露出が高まることはない、と言い切っています。過去の内容とは真逆ですが(苦笑)Googleなどの検索結果などへの影響を加味したものなのではないかと推測されます。
なお、2つ以上のカテゴリーに商品を出品し、落札された場合は、落札手数料の高いカテゴリーの方が適用されます。

 

今日のまとめ

eBayが推奨する Inventory Optimization(在庫の最適化)として、
「eBayカタログの使用」「カテゴリーの一部における追加、削除、名称変更」「単一カテゴリーへの出品(セカンドカテゴリーを使用しない)」について解説をしてまいりました。
あなたの出品が、バイヤーによりリーチし、購入されやすくするためにも、より理解を深め、実践をしていきましょう。

 

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください