スージーのeBay何でも相談室 「eBay Return requestを使ったキャンセルリクエストへの対応方法~その2」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!前回、Return request(返品リクエスト)」を使ったキャンセルリクエストへの対処方法を教えて頂きました。手続き画面から「Give a full refund(全額返金する)」を操作することで、キャンセル対応できる、と解説頂いたのですが、別の操作をしてしまったんです。。。」

スージー「え、どんな操作をしちゃったの?」

メグ「Accept the return(返品を受け付ける)を選択しちゃったんです。。。まだ発送もしていない商品なのに、画面は「Return started(返品手続き開始)」という表示も出っちゃっいるんです。。。どうしたらいいでしょうか。。。eBayに相談ですかね。。。」

 

スージー「いや、間違えても、特別な対応はなくて、単純に返金すればOKなんだ。今日は、Return requestを使ったキャンセルリクエストで、Accept the return(返品を受け付ける)としてしまった場合のへの対応方法について解説していくね。」

 

おさらい~バイヤーが取引をキャンセルしたい場合は?

バイヤーが、「間違えて購入してしまった」「気が変わった」などの自身の都合により、eBayでの取引をキャンセルしたい場合、
・購入後1時間以内であれば、自らキャンセル手続きを行える
・購入後1時間を経過していた場合は、セラーにキャンセル依頼する
が通常となります。しかしながら、「Return reques(返品リクエスト)」を使ったキャンセルリクエストがある場合があります。その場合は、手続き画面から「Give a full refund(全額返金する)」を操作することで、キャンセル対応することが出来ます。

 

万が一、Accept the returnを選択してしまった場合は?

1. 万が一、Give a full refund(全額返金する)でなく、Accept the return(返品を受け付ける)を選択し、Continuesをクリックしてしまった場合、以下のような画面が表示されます。

 

 

 

この「Send a return label」という画面では、「返品ラベル」を作成します。

 

 

メグ「え!! 発送前の商品なのに、返品ラベルを作るんですか???」

スージー「焦らない、焦らない(笑)画面を下にスクロールしてみて」

メグ「If you prefer, you can refund the buyer now、もし、あなたが良ければ、今すぐバイヤーに返金できます、って書いてありますね。」

スージー「refund the buyerをクリックしてごらん。」

メグ「あ!! 教えてもらった返金の画面になりました!!」

スージー「これで、Refund the buyerをクリックすれば、返金は完了だよ。」

メグ「あ~、ややこしい事にならないで良かったです!!」

スージー「eBayとしては、どんなプロセスであろうと、問題が解決すれば良し、という考え方なんだよね。ここでいうと、セラーが返金し、バイヤーがそれを受け取れば、eBayとしては、実際に返品するしないではなく、問題解決とみなすんだよね。」

メグ「なるほどです。結構ドライですね(苦笑)」

 

参考~Return Label(返品ラベル)とは?

eBayでは、バイヤーがReturn Request(返品リクエスト)をオープンし、Return policyにて返送費用がセラー負担(Free return)に設定している場合、または、商品に問題があった場合は、セラーがその返品送料を負担します。この際、セラーがUSPS(United States Postal Service / アメリカ合衆国郵便公社)のReturn Shipping Labelを購入し、それをバイヤーにPDFファイルで送信します。Return Shipping Labelを受け取ったバイヤーは、それを印刷してセラーに返品することが出来ます。バイヤーは送料を立て替えたり、セラーからの送金を待ったりする必要がないのが大きなメリットです。
このReturn Shipping Labelは、eBayとUSPSがデータ提携によるものなので、これを使っての返品ができるのは、アメリカ国内における売買時のみです。

 

今日のまとめ

バイヤーが、「Return reques(返品リクエスト)」を使ったキャンセルリクエストをしてきた際、手続き画面から「Give a full refund(全額返金する)」を操作することで、キャンセル対応することが出来ますが、誤って、「Accept the return(返品を受け付ける)」を選択してしまっても、すぐに返金をすることが出来ます。eBayとしては、セラーからバイヤーに返金がなされたら、問題が解決したと、みなします。それには、実際の返品の有無は問わない、という事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください