スージーのeBay何でも相談室 「eBay Feedback/評価の残し方~セラーからバイヤー編」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!! 先日、eBayで初めて商品が売れたんです!! 早速、商品を梱包して、発送してきました!!」

スージー「バイヤーさんには、Feedback/評価はもう終わったかな?」

メグ「あっ!! うっかり忘れていました(苦笑)eBayで初売れした喜びと、梱包、発送でテンパっていました(苦笑)」

スージー「メグさん、自身の買い物の時に、”セラーさんがなかなかFeedback/評価を付けてくれないんです。。。”って言ってたことあったよね(笑)」

メグ「失礼致しました(苦笑)」

スージー「今日は、セラーからバイヤーさんへのFeedback/評価の手順を解説していくね。」

 

セラーからバイヤーへのFeedback/評価の残し方

eBayでの取引において、セラーがバイヤーに対して残すFeedback/評価のポイントは次の2つだけです。

1. 取引全体に対する評価 (Positive/良い、Report buyer/バイヤーを通報する)
2. セラーへのコメント

 

My eBay > All selling > Soldの画面を表示させます。

Selling Remindersには、商品発送など、セラーがやるべき内容が記載されています。2行目には「I need to leave feedback for 4 items(4商品に対して評価を残すことが必要)」とあります。

 

評価をしたい取引の右側「More actions」内メニュー「Leave feedback」をクリックします。

既に商品を発送し、Tracking numberをアップロードした後は、「Leave Feedback」のボタンが表側に表示されます。これは、「忘れずに評価を残して下さい」という意味です。

「Leave feedback」の画面が表示されます。

1.  How was your experience? (あなたの体験はいかがでしたか?=取引全体の評価
セラーがバイヤーに対して残せる評価は「Positive/良い」のみです。「Report buyer」については、後述致します。

2. Tell us more (バイヤーにコメントを残す)
コメント欄には、必ず一言コメントを残す必要があります。空欄のままですとエラーで進めません。まずは、難しく考えず、シンプルに、Thank you(有難う)や、Great buyer(とても良いバイヤー)などで構いません。もっと気持ちを伝える例文は、別の記事でご紹介致します。ここでは、「Thank you for your purchase!!(購入いただき有難うございます!!)とします。

最後に、「Leave feedback」をクリックします。なお、一度行なったFeedback/評価は修正できませんので、コメント欄の記載内容を再度ご確認します。

すると、Feedback/評価が完了した旨が表示されます。

他にも評価を残したい取引がある場合は、「Leave feedback」をクリックします。

 

すると、まだFeedback/評価が完了していない取引が表示されます。前述の手順で評価を行います。

 

なお、Feedback/評価が完了した取引は、Soldの「More action」内の「Leave feedback」は表示されなくなります。

 

セラーからバイヤーへPositive/良い評価しか残せない理由

eBayの取引にて、バイヤーがセラーに対して行う評価は
「Positive/良い」「Neutral/どちらでもない」「Negative/悪い」の3段階ですが、
セラーがバイヤーに対しては、「Positive/良い」評価しか残せません。

 

以前のeBayでは、セラーもバイヤーに対して、「Neutral/どちらでもない」「Negative/悪い」評価をつけることができました。
しかしながら、バイヤーは、eBayの取引で何か嫌なことがあっても、正直な評価を付けたがらなかったそうです。理由は、セラーからの「報復評価」を恐れていたからです。これでは、評価の信頼性が低くなってしまう、という事に繋がります。

また、「Neutral/どちらでもない」「Negative/悪い」評価をつけられてしまったバイヤーは、その後、あまりeBayで買い物をしなくなるそうです。要は、嫌な体験がいつまでもFeedback/評価として、形に残っているのは、買う側としては、いい気分ではない、という事です。

このような経緯から、eBayはセラーがバイヤーに対して、良い評価しか残せない仕組みとしたのです。

 

Report buyerとは?

前述の通り、セラーがバイヤーに対して、良い評価しか残せません。しかしながら、セラーが取引上、何か問題のあったバイヤーをeBayに通報する事は出来ます。この機能を「Report buyer」といいます。

Report buyerについては、以下の記事をご参照下さい。

スージーのeBay何でも相談室 「eBay 不快なバイヤー/悪意のあるバイヤーへの対応方法」

 

今日のまとめ

eBayにおけるセラーがバイヤーに残すFeedback/評価は、「取引全体に対する評価」「バイヤーへのコメント」の2つで構成されています。
セラーからバイヤーに残せる取引全体に対する評価は「Positive/良い」のみです。バイヤーの責務は、「商品代金を支払うことで完結する」という考え方によるものです。また、評価の信頼性の保持でもあります。万が一、取引上、バイヤーに問題があった場合は、eBayへReport buyer(通報)の上、解決をしていきます。

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください