スージーのeBay何でも相談室 「eBay Second Chance Offer(セカンドチャンスオファー)とは?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!先日、オークションでeBayに出品した商品が落札されたんです。で、その落札ページに”Make a second chance offer”っていう表示があるんですけど、これは何ですか?落札して頂いたバイヤーさまに何かしてあげる機能なんですか?」



スージー「これは、Second Chance Offer(セカンドチャンスオファー)っていう機能なんだ。商品をオークション形式で出品した際、オークションで競り負けた2番目以降の人にも”商品を買いませんか?”と、アプローチすることが出来るんだ。同じ商品を複数持っている際に便利な機能だよ。」

メグ「へえ、それは便利ですね~。でも、次点落札者へのアプローチって、なんかイメージ悪くないですか?。。。」

スージー「それって、直接取引のことでしょ(笑)次点の落札者とコミュニケーションを取って、eBay外での取引を誘うことだよね(笑)Second chance offerはeBayのちゃんと公式ルールだから大丈夫だよ(笑)」

メグ「失礼しました!! では、今日は、eBayのSecond Chance Offerについて、学ばせて頂きます!!」



Second Chance Offer(セカンドチャンスオファー)とは?

Second Chance Offer(セカンドチャンスオファー)とは、eBayに商品をオークション形式で出品した際、オークションで競り負けた2番目以降の人に「商品を買いませんか?」とオファー出来る機能の事です。

オークションに出品した同じ商品を複数持っていて、売っても良い、という価格で入札をしていた2番目以降の人に対して行うことができます。

例えば、落札者:$200、2番目:$195、3番目:$180で入札していたとして、同じ商品を$180までなら売っても良い場合は、2番目、3番目の人にアプローチする事ができます。
4番目の人が$175で入札していたとしたら、この人にはアプローチする必要はもちろんありません。
また、必ずしも、2番、3番と順にアプローチする必要もありません。

同じ商品を持っていれば、1度のオークションで複数販売することができる非常に便利な機能ですので、是非、活用していきましょう。

1.落札された商品ページ左上「Make a second chance offer」をクリックします。


または、My eBay > Sold (またはOrders)の該当取引のMore Actions(またはActions)▼内のメニューから「Send Second Chance Offer」をクリックします。



2.Second chance offerをするItem numberが表示されますので、その下のContinueをクリックします。


3.Second chance offerをする商品と、入札者の一覧が表示されます。商品数を選択し、オファーをしたいバイヤーのチェックボックスにチェックを入れ、オファーの有効期限(1日、3日、5日、7日)を選択し、「Continue」をクリックします。

次の画面では、入札者へのメッセージを追加する事ができます。 
同じ商品でも、中古品で、状態が異なるものであれば、説明を加えたりすると良いです。
入力後、「Send」ボタンを押すと、Second chance offerを送る事ができます。


4.オファーした人へは、以下のようなメールが送られます。


もし、オファーを受け取った人が「まだ、この商品が欲しい!!」と気持ちが変わっていなければ、このメール内のリンクから、専用の商品ページにアクセスし、商品を購入することができます。

オファーを受け取った人の買う気が失せていた、または、設定した期間が経過してしまった場合は、オファーは却下となります。まだ、Second chance offerの対象者が別にいる場合は、その人達へオファーを送ることも可能です。

メグ「1回のオークションで複数販売できちゃうわけですね!凄く便利ですけど、安く販売したら、最高落札者さん、怒りませんかね。だって、Sold listings(販売履歴)を見ると分かっちゃいますよね。。。」

スージー「いいところに気がついたね!実は、eBayのSecond chance offerでの取引は、Sold listingsには表示されないんだ。ちゃんとその辺は上手く出来ているよ。」

Reserve price (最低落札価格)付の出品でも有効

eBayのSecond chance offerは、この価格より低い場合は販売しない、という「Reserve price (最低落札価格)」のオプションを設定したオークションでも有効です。

例えば、$200の最低落札価格をつけたオークションが、$195で終了したとします。ヤフオクでは、このオークションは成立しませんが、eBayの場合、もし、「$195で売ってもいい」と思った場合は、上記同様に「Second chance offer」の機能を使うことができ、最高入札者にアプローチすることができます。



今日のまとめ

eBayのSecond Chance Offer(セカンドチャンスオファー)は、eBayに商品をオークション形式で出品した際、もし、同じ商品を複数持っていたら、オークションで競り負けた2番目以降の人に「商品を買いませんか?」とオファーが出来る便利な機能です。1度の出品で、複数の販売ができるチャンスがあります。なお、Second chance offerでの取引は、Sold listings(販売履歴)に表示されませんので、後で最高落札者と価格についてトラブルになることはありません。また、Reserve price (最低落札価格)付のオークションにて、最低落札価格に達することなく終了した場合でも、この「Second chance offer」を使って、最高入札者にアプローチすることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください