スージーのeBay何でも相談室 「eBay アメリカのセラーはPurchase and print USPS postageをどう使うのか?」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。

eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。


メグ「こんにちは!eBayで販売した商品を発送する際、バイヤーさまの発送先住所は、その商品ページ上部の”Print postage”をクリックして表示される「Purchase and print USPS postage」のページで確認できる事を学ばせて頂きました!! そもそも、このページは、アメリカ在住のセラーが送り状を作成するためのページなんですよね。」

スージー「その通り。赤いエラー”Invalid Ship From postal code”は、発送元の住所にアメリカの住所が入っていない事で表示されてしまうんだ。」

 

メグ「アメリカ在住のセラーはこのページで送り状が作成できるんですね。便利だなあ。」

 

スージー「今日は、アメリカ在住のeBayセラーがこのページをどうやって使用するのかを、参考として解説しておくね。」

 

スージー「そのページは、アメリカのユーザー向けのものだから、日本のセラーは使うことができないんだ。」

 

メグ「あ、このページ、日本では使えないんですね。じゃあ、国際郵便の送り状ってどうやって作成するんですか?」

 

スージー「国際郵便の送り状を作る際は、eBayのシッピングツールか、日本郵便の国際郵便マイページのシッピングツールを使うかのどちらかだよ。今日は、参考までに、”Print postage”のページについて解説をしておくね。」

 

「Purchase and print USPS postage」とは?

「Purchase and print USPS postage」は、USPS(United States Postal Service/アメリカ合衆国郵便公社)の送り状(配送ラベル)を購入し、印刷できるページです。この機能は、アメリカ在住のeBayセラーだけが使えます。

アメリカのセラーはPurchase and ~をどう使うのか?

アメリカのセラーがこのページで利用できるeBayの送り状(配送ラベル)は、発送先や発送元などの住所を書く手間が省けるのみならず、eBay上で郵便料金を決済できたり、通常の郵便料金より安価でサービスを利用できます。

例えば、アメリカの郵便局における書留料金は$2.90ですが、eBayの配送ラベルの書留料金は$ 2.35と割引価格が適用されます。

 

配送ラベルは、自宅のプリンターで出力します。

 

まず、ページ中央の「Package Details」に必要事項を選択していきます。配送会社は、USPSか、FedExを選択することが出来ます。

次に、発送方法を選択します。日本のインターネット環境では画面の再現ができませんが、ここに、エコノミーやスタンダードなどの種別が表示されると思われます。

Additional options(追加オプション)では、書留(受取確認のバイヤー署名)、保険、危険物の有無が選択できるようになっています。

 

日本のインターネット環境では画面の再現ができませんが、上記の配送に必要な事項を入力することで、画面右側に、Pstage cost(送料)、UPSP Tracking(書留料金)、Total(合計金額)が表示されます。「Purchase postage」をクリックすることで、PayPalの画面に移りますので、郵便料金の決済を行います。

 

荷物のサイズや重量は、出品ベージ内の「Package weight & dimensions」の情報が活かされ、送料は自動計算されます。

日本のセラーは、出品ページにおいて、「Package weight & dimensions」には何も記入する必要がないのですが、アメリカでは、送料を自動計算するための根拠として使われている、という事です。

「Package weight & dimensions」に入力がなくても、配送ラベル作成時に、重量やサイズを別途入力することも可能です。

 


eBayの配送ラベルを使用した場合のその他のメリット

eBayの配送ラベルを使用した場合、追跡番号(トラッキングナンバー)はeBay上に自動的にアップロードされ、その配送状況は常にeBay上で確認することが出来ます。

これらのプロセスは、eBayが2017年秋のセラーアップデートでスタートした「eBay Guaranteed Delivery(配達日保証サービス)とも連動しています。eBay Guaranteed Deliveryには、eBayが配達期間を保証する「Handling time」方式と、セラーが配達期間を保証する「Door-to-Door」方式の2種類が存在します。前者の場合は、eBayの配送ラベルを使用することが条件になっているため、アメリカのセラーにとっては、大きなメリットと言えます。

 

 

今日のまとめ
アメリカのeBayセラーは、「Purchase and print USPS postage」のページから、eBayの配送ラベルを作成することが出来ます。発送先や発送元などの住所を書く手間が省けたり、郵便料金の割引適用がなされたり、eBay上で郵便料金をPayPal決済できたりと、労力や費用を軽減することが出来ます。また、eBay Guaranteed Delivery(配達日保証サービス)においては、eBayが配達期間を保証してくれるといった大きなメリットがあります。

 

 

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください