スージーのeBay何でも相談室 「大切なPayPalのアカウントを守るためには?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「大変なんです!! 今日、PayPalから、”あなたのアカウントが制限されています”っていうメールが届いたんです。でも、何が原因かわかんないんです。でも、eBayでの販売に影響が出ちゃいますので、とにかくPayPalにログインして確認しないと!」

 

スージー「ちょっと待って。それは本当にPayPalからのメールなの?」

 

メグ「何言ってるんですか。ちゃんとPayPalからのメールですよ。ほら。」

スージー「これ、ニセモノだよ(苦笑)よく出来ているけど。」

 

メグ「え、これ、ニセモノメールなんですか????」

 

スージー「これは、フィッシングメールという、なりすましメールだね。ここからログインさせて、ユーザー名、パスワードを奪おうとしているんだ。」

 

メグ「滝汗です。。。今、教えてもらってなければ、確実にアクセスしてました。。。危ない、危ない。」

 

スージー「相談してくれて良かった。じゃあ、今日は、大切なPayPalアカウントをどうやって守っていくかを一緒に学んでいこうね。」

 

アカウントは財産

eBay、PayPalのアカウントは個人の財産です。何故なら、自身の連絡先や氏名、カード情報などの個人情報が含まれているからです。eBay、PayPalのIDやパスワードなどが何らかの理由で流出してしまい、不正に利用されてしまったら大変なことになります。未然にトラブルを防ぐよう、以下の内容をしっかりと理解し、アカウントの安全に努めましょう。

 

フィッシングメールとは

フィッシングとは、「なりすましメール」で、嘘のログインページなどから、ユーザー名、パスワード、クレジットカード情報等を奪う詐欺行為です。

ちなみに、英語の綴りは「Phishing」です。「Fishing(釣る)」と「Sophisticated(洗練された手法)」の造語として、「騙して釣る」といった意味で使われています。

eBayやPayPalのフィッシングメールの内容でよくあるのが、「アカウントが制限されています」や「ログインしないとアカウントが削除されます」といった内容です。

 

スージー「メグさんが受け取ったPayPalのなりすましメール、確かにPayPalのロゴも入っているし、一見本物に見えるんだけど、どこが変だと思う?」

 

メグ「う~ん、ちょっと分かりません。」

 

スージー「このメールには2点不振な箇所があるんだ。」

スージー「まず1点目は、From(送信先)のアドレスのドメインが”PayPal”ではないこと。”PayPalっぽく似せてはいるけどね。発信元は全く不自然なアドレスだよね。」

 

メグ「ホントですね。PayPalっぽいですけど、明らかに違いますね。そういえば、私、ドメイン別にメールの振り分けをやっているんですが、偽メールもPayPalのフォルダに入ってました。」

 

スージー「この辺がすごく巧妙なんだよね。フォルダに入っていると、うっかり信じて、すぐにクリックしてしまうから、この点もしっかり注意しておきたいね。」

 

スージー「2点目は、メグさんの名前がどこにも入っていないこと。」

メグ「確かに、私の名前、入っていないです。」

 

スージー「PayPalからのメールでは、必ずアカウントに登録されている個人名や事業者名が宛名として使われていて、名前がなかったり、”ユーザーの皆様”や”PayPal会員の皆様”などの表現は使っていないんだ。以下はPayPalから自分宛てに届いたメールだよ。」

メグ「本当だ。フルネームで宛名が必ず入っているんですね。」

 

不振なメールを受け取った際の対処方法

不振なメールを受け取ったしまった場合は、メール内のログインボタンや添付ファイル等は絶対に開かず、内容や件名を変更せず、問題のメールをそのままPayPalのカスタマーセンター  spoof-jp@paypal.comに転送して、直ちに受信ボックスからそのメールを削除します。

 

ちなみに、PayPalからは「通報してくれて有難う」というお礼のメールが届きます。

万が一、偽サイトに個人情報を入力してしまった場合は

万が一、PayPalの偽サイトに個人情報を入力してしまったり、添付ファイルを開いてしまった場合は、直ちにPayPalにログインし、PayPalのパスワードとセキュリティに関する質問をすぐに変更してください。また、PayPalに電話連絡をし、自身のアカウントの状態を確認してもらいましょう。

 

メグ「本当に怖いですね。真剣に物販に取り組んでいればいるほど、焦ってすぐに対応してしまいそうですよね。」

 

スージー「いわゆる振り込め詐欺も、真剣に子どもや孫の事を思っているから、引っかかってしまう、という心理と似ているよね。」

 

メグ「なりすましメールかも、と思った時は、焦らず、よく確認、ですね。」

 

今日のまとめ

重要な情報が含まれているeBay、PayPalのアカウントはいわば、個人の財産です。「アカウントが制限されています」や「ログインしないとアカウントが削除されます」といった不審な内容のメールを受け取った際は、必ず、発信元のドメイン、宛名を確認し、フィッシングメール(なりすましメール)を疑いましょう。不振なメールを受け取ったしまった場合、または、偽サイトに個人情報を入力してしまった場合は、すぐにPayPalへ連絡し、アカウントの状態を確認してもらいましょう。セキュリティは日々進化をしていますが、フィッシングメールのような詐欺行為も日々進化しています。トラブルを未然に防ぐ第一歩は、焦らず、まず確認することが重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください