スージーのeBay何でも相談室 eBay 「破損して届いたから値引きして欲しい」と言われた場合の対処方法

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!先日eBayで販売した商品がバイヤーさまの元に届いたのですが、少しダメージがあって届いたらしいんです。レコードなんですけど、角がちょっと潰れちゃったようなんです。」

 

スージー「あらら。バイヤーさんから写真は送られてきたの?」

メグ「はい、こんな感じです。バイヤーさんのプロフィール見たら、なんか業者さんみたいですね。これじゃ、転売の価値がない、っていうことでしょうね(苦笑)」

 

スージー「なるほど、これは仕方がないね。いくらの商品だったの?」

 

メグ「$140です(涙)そこそこ高い商品だったんです。。。で、相談なんですが、バイヤーさんからは、”穏便に済ませたいから、$50値引きしてくれ”って言われたんです。でも、郵便事故だし、そのためにEMSで送ったわけだし、簡単に値引きして終わらせたくないんです。」

 

スージー「そりゃそうだ。今日は、破損を理由に値引きを要望された場合の対処方法について解説していくね。」

 

ダメージレポート提出の協力を仰ぐ

万が一、国際郵便で破損等の事故が起こった場合、その破損が輸送中の不手際である事が証明されれば、書留・eパケットは6,000円まで、EMSは20,000円まで(別途、保険のオプションを付けている場合はその額まで)その実損額が補償されます。

この場合は、セラー側からは「破損を理由とした調査請求」、バイヤー側からは「ダメージレポート」が各々の国の郵便局に提出され、双方の郵便局の協議を経てからの措置となります。

自動車や建物などの保険と同様に、バイヤーには、破損した商品及びパッケージをエビデンス(証拠)として、郵便局に提出して頂く必要があります。

 

郵便局がダメージレポートを知らない?

メグ「私、早速、郵便局に行って、調査請求を提出してきました。未着の時に提出する書類と同じでしたよね。」

 

スージー「その通り。バイヤーさんはダメージレポート提出してくれたのかな?」

 

メグ「実は、バイヤーさんからは”郵便局に行って手続きしようと思ったけど、賠償請求は発送人が手続きすることだから、受取人は何もすることがない、と言われた”っていうんです。」

 

スージー「バイヤーさんも郵便局もいい加減だな(苦笑)破損した商品やパッケージなどの証拠がなくて、どうやって補償するんだ、っていう話だよね(苦笑)でも、意外にも同じエピソードを結構聞くんだよね(笑)」

 

信じられないかもしれませんが、バイヤー、郵便局すらも、ダメージレポートを理解していない場合が少なくないです。ダメージレポートに関しては、アメリカであれば、アメリカの郵便局であるUSPSのウェブサイト内「クレームの申請方法」について詳細がキチンと掲載されています。よって、ページのリンクを貼って、説明をするとよいです。

https://www.usps.com/help/claims.htm
でInternational shipmentsのタブを選択し、一番下にスクロールして出てくる「Damaged International Shipments」に手続き方法と必要なフォームの事が記載されています。

・ダメージレポートのフォームは、世界共通でCN24と言われていますが、アメリカでは「PS Form 3831」といいます。以下、サンプルをご参照ください。

eBayのアドバイスは「返品」

メグ「日本に住んでいる私が、アメリカ人にUSPSへのクレームの上げ方を説明するなんて、どうかしてますよね(怒)で、説明してしばらく経つので、日本郵便に問い合わせしたら、”USPSからのダメージレポートが到着していない”と言われ、バイヤーさんからは”提出した”と言われ(涙)もう、どうしたらいいんですか?」

 

スージー「eBayに相談してみた?」

 

メグ「はい、eBayは”返品してもらう事を強く薦めます”ですって。。。返品受けたら、郵便事故の補償はおりないですよね。」

 

スージー「確かにそうだね。バイヤーさんに”ダメージレポートが煩わしかったら、返品して下さい”ってメールしてみたら?」

 

メグ「はい。。。なんか悔しいけど、そうしてみます。」

 

バイヤーが返品してこない理由

メグ「バイヤーさんに、返品を促したんでけど、その後、全く連絡が途絶えてしまって、商品も返品されてこないんです。」

 

スージー「そのバイヤーさん、業者かも、って言ってたよね。そのバイヤーさんのSold listingsを見てみて。」

 

メグ「。。。あ!!!私が売った商品、eBayで売ってる!! しかも、私から買った値段より全然高い(笑)

 

スージー「確かに、商品は傷んでいたのかもしれないけど、もう売却済みだったから、商品を返品してこなかったんだよ。難癖をつけて、少しでも仕入れ値を下げよう、っていう魂胆だったんだね。」

 

メグ「eBayが”返品してもらいなさい”といった意味がようやくわかりました。」

 

今日のまとめ

eBayの取引において、郵便事故等により破損があった場合、安価な商品であれば、値引き、全額返金といった措置で問題ないでしょう。しかしながら高額な商品であれば、返品してもらうほうが良い可能性があります。元々転売目的で仕入れ、その商品に難癖をつけ、少しでも仕入れ値を下げようとするバイヤーが存在します。「返品」という選択肢は、これを抑止してくれます。状況によりますが、上手く活用してみて下さい。

なお、郵便事故には、バイヤーの過失はありません。しかしながら、郵便事故による破損の補償を受けるには、当然、証拠が必要です。よって、バイヤーにダメージレポートや破損した商品の提出の協力が必須となります。今回の様に全くもって協力的でないバイヤーとは、今後の取引は控えたほうが良いでしょう。よって、Block Buyerへ登録をしておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください