スージーのeBay何でも相談室 「eBay 国際郵便の印刷物(Printed Matter)はどんな発送方法?~その2」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!! 前回、日本郵便の印刷物(Printed Matter)という発送方法について教えて頂きました!! 雑誌って、結構重いですよね~。大体1冊500g~700gですけど、3~4冊まとめて買ってもらうと、すぐに2kg以上になっちゃいます。」

 

スージー「ファッション誌とかは1冊で1kg超えてしまうのもあるよね(笑)」

 

メグ「で、早速、eBayのシッピングツールで送り状を作ったんですが、内容物に何も印刷されないんです。。。おまけに金額も。いつもの通り、品名とかちゃんと入力したんですけど。。。何か不具合でも起きてるんですかね。」

 

スージー「シッピングツールの不具合じゃないよ(笑)印刷物(Printed Matter)の送り状には、内容品や金額は印刷されないんだ。今日は、前回に引き続き、日本郵便の印刷物(Printed Matter)について、解説していくね。

 

 

おさらい~印刷物(Printed Matter)とは?

名称の通り、雑誌や本を発送する際に利用できるサービスです。eBayでの発送で多く使われる、小型包装物SAL便やeパケットの重量制限は2kgまでですが、印刷物の場合は、5kgまでです。よって、複数の本や雑誌の同梱発送には非常に便利なサービスです。

 

何故、印刷物の送り状には内容品や金額が印刷されないか?

印刷物(Printed Matter)での発送の送り状を作成する際、国際郵便マイページのシッピングツールにて、発送方法を「印刷物」と設定すると、内容物と金額を入力する箇所がグレーになり、入力不可となります。


内容物と金額を入力出来ないので、当然、印刷される送り状の内容品と金額は空欄になります。更に、重量、合計重量も空欄なのです。(合計重量は送り状控えには印刷されています。)

ちなみに、eBayのシッピングツールでは、入力画面で内容物、金額を打ち込むことは出来ますが、印刷すると、やはり、内容品/金額は空欄になります。

まず、内容品が空欄になる理由は、そもそも「印刷物」を発送するための発送方法なので、内容品は印刷物しかあり得ません。よって、空欄で構わないのです。

 

ちなみに、EMSの内容品の種別で「書類」と「物品」の2種類がありますが、「書類」を選択すると、印刷物と同じように、内容品/金額は空欄になります。

 

次に、金額の記載が不要な理由ですが、本、雑誌類は、ほとんどの国で関税対象外となるためです。

 

これ、知らないと、「内容品が書いていない、という理由で、荷物が戻ってきてしまったらどうしよう」なんて考えてしまいますよね。私も以前、空欄だと心配になり、手書きで内容品や金額を記入していました(笑)

 

 

金額の記載がなければ、紛失等の際の補償がどうなる?

メグ「内容品は印刷物と分かりきっているし、関税対象外だから、金額も書く必要なし。ここまでは理解できました。でも、金額書かないと、万が一、荷物が紛失しちゃった場合の補償ってどうなるんですか?」

 

スージー「いいところに気がついたね。心配しないように先に伝えておくけど、印刷物も書留をつけていれば、ちゃんと6,000円までは補償されるから安心してね。」

 

普段は便宜上、「国際郵便の送り状に、内容品と金額を記載する」という言い方をしていますが、厳密には「国際郵便の送り状の”税関告知書の箇所”に、内容品と金額を記載する」です。

 

運用上では、申告額=補償額(6,000円上限)と考えがちです。しかしながら、内容品と金額を書く目的は、「税関申告」で、あくまで税関が使用するものであり、そもそも郵便局の補償金額は別物なのです。

 

紛失等の際の具体的な補償額については、「損害賠償が適当であることが決定されれば、損害賠償の手続が行える」と、かなり曖昧な表現となっており、実際の手続きの際は、証拠として、PayPalの取引明細の提出を求められる場合があります。

 

メグ「じゃあ、500円の雑誌がなくなった際、6,000円です!といえば、6,000円補償してくれる、という訳ではないんですね(笑)」

 

スージー「そのとおりだね(苦笑)補償する側としては、ちゃんと根拠は必要だよね。」

 

メグ「いや~、スッキリしました!これで、思い切り印刷物で発送できます!!」

今日のまとめ

国際郵便マイページのシッピングツールにて、またはeBayのシッピングツールにて、印刷物(Printed Matter)の送り状を作成すると、内容品と金額は印刷されません。
内容品が空欄になる理由は、そもそもサービスの名称の通り、「印刷物」を発送するための発送方法なので、空欄です。また、本、雑誌類は関税対象外のため、税関への金額も不要ということなので、これも空欄です。書留をつければ、小形包装物と同様に、6,000円までの補償もついています。本、雑誌を沢山扱う場合は、便利なサービスですので、活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください