スージーのeBay何でも相談室 「eBay ベストマッチのための7つのプラクティスとは?~その4」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。

eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!!  eBayの商品検索エンジン「ベストマッチ」を最大限機能させるための7つのプラクティスの内、前回は「Item specifics(商品詳細)を設定する」について理解が深まりました!!  たまに「Item specifics」をほとんど入力していないのに、ガンガン売れているセラーを見かけたので、凄く疑問に思っていたんです。」

 

スージー「うん、そのセラーさんは既に”売れるアカウント”として、eBayに認知されているベテランさん、っていうことだよね。」

 

メグ「アカウント自体が、ベストマッチ的に優位なセラーさんだから、Item specificsが埋まっていなくても、売れるんですね(苦笑)さすがベテランさんは違います!私は、当然まだまだですから、愚直にItem specificsをしっかりと埋めていきます!!」

 

スージー「そのとおりだね。今回も引き続き、そのeBayのベストマッチを最大限活用して、eBayの出品を最適化できるように「7つのプラクティス」について解説を続けるね。」

 

 

おさらい~eBay Best match(ベストマッチ)とは?

eBayでは、出品されている商品の表示順の決定に、ベストマッチという商品検索エンジンを使用しています。ベストマッチの特性をよく理解することで、出品ページは上位表示されるようになり、バイヤーのアクセスが増加し、結果、売上向上に繋がる可能性が高まる、というものです。

 

 

eBay Best match(ベストマッチ)のための7つのプラクティスとは?

繰り返しになりますが、ベストマッチで重要なポイントは、「セラーの評価」と、「適正な商品価格や送料設定を含めたバイヤーのニーズへのマッチング」の2つです。これらを細分化ものが、次に掲げる7つの要素となります。

 

1. 類似商品を参考に価格設定をする
2. CS(顧客満足度)を重視する
3. 良いタイトルを作成する
4. 適切なカテゴリーに出品する
5. Item specifics(商品詳細)を設定する
6. Product catalog(商品カタログ)を使って出品する
7. Multiple variations(バリエーション)機能を活用し出品する

 

今日は、この中の「Product catalog(商品カタログ)を使って出品する」について解説をします。

 

 

Product catalog(商品カタログ)を使って出品する

eBayにも、アマゾンのように「Product catalog(商品カタログ、eBayカタログ)」が存在します。予めeBay内に準備された商品の詳細説明や写真を活用することができます。出品の際に最初に表示されるページの「Tell us what you’re selling」のブランクに商品タイトルや品番、UPCコードなどを入力すると、eBayに登録されているカタログ情報が表示されます。

例えば、Madonna/マドンナの「Immaculate Collection」というCDを、商品タイトルを使って、出品したいとします。

このブランクに、アーティスト名、商品タイトルと入力すると、カテゴリーの候補が複数表示されます。CDを出品しますので、Music > CDをクリックします。

 

商品候補が複数表示されますので、「See details」で製品の内容を確認します。同じ商品タイトルでも、複数のヴァージョンが存在し、異なる商品となります。よって、適当に選択してはいけません。

商品詳細がポップアップしますので、UPC(製品番号)を確認します。

 

商品側のUPCと一致していれば、Select productをクリックします。商品UPCは、商品の裏側に印刷されているバーコードの下の数字です。

以下のように、eBayカタログが使用された出品ページが表示されます。eBayカタログを活用すると、「商品詳細(item specifics)」欄に自動的にカタログ情報が挿入されます。また、eBayカタログを利用し、出品された商品は、検索結果が優位に働きます。

 

今日のまとめ

eBayの商品検索エンジン「ベストマッチ」を最大限機能させるための7つのプラクティスの内、今日は「Product catalog(商品カタログ、eBayカタログ)」について解説しました。eBayカタログを活用した出品は、バイヤーにとって見やすく、より商品の正しい情報を伝えることができるため、バイヤーの高倍率は上がるとされています。よって、eBayは、eBayカタログに該当商品がある場合は、できる限りそこから該当商品を選択して、出品ページを作る事を強く推奨しています。
但し、主観ですが、商品情報に結構な誤りがあったり、日本の商品情報はほとんど整っていないのが現実です。例えば、事例で使用したMadonnaのCD。ジャンルが「R&B & Soul」となっていますが、実際は「Pops」です(苦笑)致命的な間違いではないですが、自分ならこのカタログは使いません。商品情報の誤りは、結果的にバイヤーへ迷惑が掛かりますので、eBayカタログの情報は過信せず、内容をよく確認した上で活用しましょう。

 

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

スージーのeBay何でも相談室 「eBay ベストマッチのための7つのプラクティスとは?~その4」” への3件のフィードバック

  1. スージーさん

    はじめまして
    いきなりのコメント失礼致します。
    ebayでの出品をはじめたものの、ちんぷんかんぷんな事ばかりで、その度にスージーさんのブログ記事に何度も助けて頂きました。
    いつもありがたく拝見させて頂いております。
    いつも拝見するばかりでしたが、今日は勇気を出して、質問させて頂きます。

    私自身が出品する際には、ebayの中でUPCコード検索し、ヒットした商品ページのタイトルや商品説明を参考にして出品しております。
    ベストマッチの観点から言うと、商品カタログを検索して出品する場合と、ebayの中でUPCコードを検索して出品する場合とでは、同じ効果を得られるものでしょうか。

    また、セット物を出品する場合、JANコードが無い商品もあるのですが、その場合はASINコードをUPCコードに入力しておいても問題無いものでしょうか。
    お手数ですが、お手隙の際に返信頂けると幸いです。
    よろしくお願い致します。

    1. 礼子さん、こんにちは。
      いつもブログを読んで頂き有難うございます。

      eBayカタログを使った出品と、
      UPC入力を伴う普通の出品
      は、同じ効果を得ることが出来ます。

      eBay上にカタログが存在すれば、
      UPCを入力することで、
      結果的にカタログ機能が働くからです。

      セット物の場合は、
      アマゾンのASINコード、
      または、Does not applyを入力します。

      参考にして頂ければと存じます。

      今後共、宜しくお願い致します。

      1. スージーさん

        お世話になります。
        返信ありがとうございます。
        早速、セット物を出品する際には、アマゾンのASINコードを入力してみます。
        こちらこそ、いつも有益な情報をありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください