スージーのeBay何でも相談室 「eBay ベストマッチのための7つのプラクティスとは?~その1」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!! 前回、eBayの商品検索エンジン「ベストマッチ」を構成する大きな要素について学ばせて頂きました!! eBayのリピーターさまを増やすべく、バイヤーさまのCS度(顧客満足度)を高く維持できるようなセラー活動と、eBayのSold listingsをしっかりとリサーチして、eBayのマーケットが求めている商品の出品が大事なんですね。この2つの要素をしっかり理解して、ベストマッチを上手く機能させる事で、検索上位になり、バイヤーさんのアクセスが増えて、売上が増えていく、っていることですよね。」

 

スージー「そうだね。eBayのベストマッチについて、よく理解できたようだね。今日は、そのeBayのベストマッチを最大限活用して、eBayの出品を最適化できるように「7つのプラクティス」について解説をして、更に理解を深掘りしていこうね。」

 

おさらい~eBay Best match(ベストマッチ)とは?

eBayでは、出品されている商品の表示順の決定に、ベストマッチという商品検索エンジンを使用しています。ベストマッチの特性をよく理解することで、出品ページは上位表示されるようになり、バイヤーのアクセスが増加し、結果、売上向上に繋がる可能性が高まる、というものです。

 

eBay Best match(ベストマッチ)のための7つのプラクティスとは?

繰り返しになりますが、ベストマッチで重要なポイントは、「セラーの評価」と、「適正な商品価格や送料設定を含めたバイヤーのニーズへのマッチング」の2つです。これらを細分化ものが、次に掲げる7つの要素となります。

 

1. 類似商品を参考に価格設定をする
2. CS(顧客満足度)を重視する
3. 良いタイトルを作成する
4. 適切なカテゴリーに出品する
5. Item specifics(商品詳細)を設定する
6. Product catalog(商品カタログ)を使って出品する
7. Multiple variations(バリエーション)機能を活用し出品する
今日は、この中の「類似商品を参考に価格設定をする」「CS(顧客満足度)を重視する」について解説をします。

 

類似商品を参考に価格設定をする

eBayに限らず、マーケットには必ず「相場」というものが存在します。例えば、eBayのSold listingsで、Aという新品商品の取引履歴を確認したところ、$50から$60程度で取引されている事が分かった場合は、この$50から$60の間、というのが、この商品の相場となります。よって、いくらセラー評価が高かったり、商品ページをキチンと作り込んだとしても、相場を逸脱した$70では売れない、という事になります。逆に安ければ良いのか、ですが、安すぎても売れません。何故なら、「これ、安すぎるけど、本物なのかな、ちょっと怪しい」というバイヤーの心理が働くからです。また、相場を無視した安価な出品は、無駄な価格競争を引き起こし、マーケットの相場を乱す原因にもなります。よって、仕入れる前、出品前には、マーケットの相場をしっかりとリサーチしておく必要があります。eBay内に出品されていない商品の場合は、アマゾンなどの他のマーケットプレイスの価格も参考にしてみて下さい。

 

 

CS(顧客満足度)を重視する

CSという言葉をご存知でしょうか。Customer support(カスタマーサポート)、Customer service(カスタマーサービス)など様々な言葉の略称でありますが、ここで解説するCSは、Customer satisfaction(カスタマーサティスファクション=顧客満足度)の意味です。
eBayにおいて、CS度が高いセラーに対して、「Top-rated seller(TRS/トップレイテッドセラー)」の称号を与えています。TRSのメリットは、まず、検索上位に表示される確率が上がります。また、出品ページにTRSのアイコンが表示されるため、バイヤーは「eBayお墨付きのセラーで安心」と認識し、同じ商品が同じ価格で並んでいた場合、TRSが有利となります。では、TRSになるまではどのように出品していくかですが、TRSの出品商品よりも価格や送料等の条件が良ければ、検索上位に表示される可能性はあります。
また、常に、Seller Dashboard(セラーダッシュボード)を確認し、自身のSeller level(せラーレベル)を確認します。セラーレベルは、前述のTRS、Above standard(標準以上)、Below strandard(表示以下)の3段階です。万が一、Below standardになってしまった場合は、落札手数料のアップ、出品商品が検索下位になってしまうなど、大きなマイナス要因となってしまいます。Below standardになってしまう大きな要因は、「在庫切れによる取引キャンセル」「セラーが解決できなかったリクエストまたはケース」の2つです。よって、常に自身のSeller levelを確認し、何か問題があった場合は、すぐに改善するように努めます。

 

今日のまとめ

eBayの商品検索エンジン「ベストマッチ」を最大限機能させるための7つのプラクティスの内、今日は「類似商品を参考に価格設定をする」「CS(顧客満足度)を重視する」を解説しました。eBayでの相場を理解して出品する、TRSのメリットを理解し、適正なSeller levelを維持することは、バイヤーのアクセスを増やし、売上を上げるためには不可欠な要素となります。

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください