スージーのeBay何でも相談室 「eBay バイヤーが守るべきポリシーとは?」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!! eBayを日々研究しながらビジネスを進めていく中で、日本の様々なセラーさんのブログを拝見することが多くなったんです。」

スージー「それはとてもいいことだね。主にどんな事を調べているのかな?」

メグ「やっぱり、バイヤーさんとのトラブル事例が多いですかね。で、セラー側に非がないのに、eBayが理不尽なジャッジをされた、とか。。。何か、やっぱりバイヤーさん至上主義なのかなあ、と感じることが多いです。」

スージー「まあ、ブログに掲載されていることはあくまで事例だからね。自分は今まで4000件近くeBayで取引をしてきていて、トラブルは沢山あったけど、いわゆる理不尽なeBayのジャッジというのは、数えるくらいなものだからね。メグさんもそうでしょ。」

メグ「はい、トラブルは色々ありますけど、その都度解決方法は学べていますし、eBayの理不尽なジャッジというのはまだ経験はないです。」

スージー「バイヤー至上主義というのは、別にeBayに限ったことではなく、どのビジネスでも同じだよ。eBayとしても、ちゃんとバイヤーが守るべきルールというのは明文化してあるんだ。今日はそれについて解説をしていくね。」

 

eBayのバイヤーが守るべきポリシーとは?

世の中の物販は、全て買い手(バイヤー)と売り手(セラー)で成り立っています。売り手に販売ルールがあるように、買い手側にも当然ルールがあります。
eBayでは、バイヤーが守るべきポリシーを「Buying practices policy」として明文化しています。
eBayでは、全てのメンバーが自信を持ってeBayで売買できるようにしたいと考えています。よって、セラーがeBayというマーケットにじっかりとしたサービスと価値をもたらすことができるよう、アンフェアで安全でないバイヤーからセラーを守るように努めています。
万が一、バイヤーがeBayのポリシーに違反すると、Feedbackの削除、Return Requestのキャンセル、マネーバック保証の剥奪、購入制限、アカウント停止などの措置が取られる場合があります。

 

eBayがバイヤーに禁止している行為とは?

 

1. 未払い行為(Unpaid)

eBayでは、バイヤーが商品を購入した場合、あるいは、入札、落札といった行為は、バイヤーにその商品の対価を支払う事が義務付けられています。例えば、Aという商品を入手したくて、3人のセラーのオークションに参加したとします。全てのオークションを落札下にも係わらず、実際に欲しいのは1つだけだったので、残りの2つは未払いにしてしまう、といった行為は禁止されています。このような事を繰り返すと、アカウントにマイナスの影響があります。

 

2.不当な要求

eBayで商品に入札、または購入する場合は、その金額、送料等、セラーの提示する条件に同意したことになります。落札/購入後に、商品代金のディスカウント交渉をしたり、Negative Feedbackをつけることをちらつかせて、税関申告を安く書くよう要求したりすることです。また、セラーが示しているReturn policyに沿った返品は可能ですが、新品商品で開封してしまったものなど、Return policyに準拠しない返品をすることはできません。

 

3.不適切なFeedbackを残す

Feedbackは、その取引が満足いくものだったかを適切に示すためのものです。例えば、バイヤーの不当な要求がセラーに聞き入れられなかったため、例えば、セラーが商品代金を安く申告しなかったら関税が取られたなど、といったコメントやそれに起因するNegative Feedbackを残すことは禁止されています。
また、類似商品を販売しているセラーの邪魔をするために、Negative Feedbackをつける事も迷惑行為にあたります。当然ですが、わいせつ的、冒涜的、差別的なコメントは禁止されています。

 

4. Buyer protection(バイヤー保護)の乱用

eBayまたはPayPalのBuyer protectionは、バイヤーが商品を受け取っていない、または受け取った商品に問題があり、バイヤーとセラー間で問題が解決しない場合に使用するプログラムとなります。
よって、「商品を受け取ったのに受け取っていない」「配達予定日が経過していないにも係わらず商品を受け取っていないと主張する」といった行為は禁止されています。
また、説明通りの商品を受け取っているにも係わらず、割引などを得るために、「状態が異なる」「部品が足りない」などと難癖をつけるためにBuyer protectionを使用する事は迷惑行為となります。

 

5. 返品の乱用

バイヤーは、商品に不具合がある場合や、セラーが示すReturn Policyの条件内であれば、商品を返品する事ができます。しかしながら、「別の商品にすり替えて返品する」「空箱を返品する」「一部商品を抜き取った状態で返品する」「異なる状態で返品する」といった、返品を乱用する行為は禁止されています。

こういった行為が発見された場合は、すぐにeBayに通報(Report buyer)します。

 

今日のまとめ

eBayというマーケットにおいて、セラー同様に、バイヤーにも守るべきルールが明文化されていることを解説しました。何かあった場合は、eBayにすぐバイヤーを通報する事が重要ですが、eBayが適切な判断を下せるよう、セラー側も証拠をしっかりと確保できるように努めます。例えば、バイヤーとのやり取りはeBay内のメッセージが有効です。eBay外のメールのやり取りは記録として認められません。また、もし、商品が返品されてきた場合がは、開梱する前にパッケージの重量を計った写真を記録しておくと良いです。また、開梱時にはビデオ撮影しておけば、万が一、別の商品にすり替わっていた、部品が足りない、空だった、などの事態の際の重要な証拠となります。

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください