スージーのeBay何でも相談室 「eBayの子会社とは?その2」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!! 先日は、eBayの子会社について色々教えて頂き、有難うございました!!自社だけの努力だけじゃなくて、eBayにない技術と知識を持った企業を買収して、本業の進化向上させているなんて凄いですよね!!」

スージー「買収っていうと、企業の多角化のようなイメージがあるけど、eBayの場合は、そのほとんどが本業の強化が目的、というところが凄いよね。」

メグ「前回はHalf.com、スタブハブ、Corrigonの話をして頂きましたが、他の企業のことももう少し教えて下さい!!」

スージー「じゃあ、今日は、PayPalについて、話をしていくね。」

 

おさらい~eBayが買収した企業とは?

eBayは、オンラインオークションのサイトとして、1995年9月にサービスをスタートして以来、1998年以降、様々な企業を買収し、子会社化してきました。買収後、SkypeやPayPalなど既に売却している企業や、消滅している企業を含めると、その数は約60社に及びます。eBayに買収された企業の多くは、オンラインオークションに関連しているものです。

 

PayPal

PayPalは、もうご存知の通り、「eBayのお財布」として、その取引において、なくてはならない決済サービスですね。PayPalは、アメリカを中心に、世界中に広く普及しているインターネットにおける「支払い」と「受取り」を安全に行うことができる決済サービスです。世界2億人以上、190の国と地域、1500万店舗以上で利用されており、21通貨以上に対応しており、その規模は世界最大級です。よって、海外との取引に大変便利な決済手段です。金銭の授受をPayPalが仲介するため、取引先にクレジットカード番号や口座番号を知らせる必要がないため、安全なサービスとされています。PayPalが進出している国の成人(日本では20歳以上)の方が利用いただけます。
1998年にアメリカで設立され、2002年のIPO(株式公開)直後に、eBayが15億ドルで買収し、eBayの傘下になりました。
その13年後の2015年、PayPalはeBayを離れて、NASDAQに再上場しています。分社化の大きな理由は、eBayとPayPalの戦略が異なってきたことです。

PayPalは、eBay傘下の企業だったため、eBayと競合する企業とのパートナーシップの構築が困難でした。各々独立することで、PayPalがどのマーケットプレイスに進出しようと、どの企業とパートナーシップを締結しようと、自由にビジネスできるようにするのが目的だったようです。eBayとは引き続き、パートナーとしての業務提携を2020年まで締結しているとの事。その後は、eBay側もPayPalに加えて多彩な決済手段が生まれるかもしれません。

 

PayPalは、「日本市場では、中小企業などのモバイル化や海外進出などでPayPalが有用だ」と発言しており、国や自治体などとの積極的な提携を通じて、地方創世などの支援も行う、との事です。また、
また、いわゆるインバウンド対策として、訪日観光客や海外ネットユーザーの決済手段として、PayPalの導入が急速に進んでおり、バンダイナムコ、ニンテンドーeショップ、Tokyo Otaku Mode、まんだらけ、キャラアニ、アミアミ、ホビーリンクジャパンなどで利用されています。特に、海外へ日本のアニメ、ゲームの情報発信やECサービスを提供するTokyo Otaku Modeでは、海外ユーザーからの要望を受けてPayPalを導入した数カ月には、全決済の半数以上をPayPalが占めるようになったそうです。

 

Terapeak/テラピーク

Terapeakは、eBayの出品商品のリサーチ、カテゴリーやトレンドのリサーチ等ができるツールです。トップセラーがいつ、何を、どのように販売するかを知ることで売上拡大対策等行うことができます。商品の適切な価格、より利益をだせる出品、人気商品の抽出が可能です。2004年にアメリカでサービスを開始していますが、2017年12月にeBayに買収され、eBayの傘下となりました。今後は、eBayのセラー管理ページ「Seller hub」へ、Terapeakの機能が統合されるようです。今後のニュースに注目していきましょう。

 

今日のまとめ

eBayは、そのマーケットプレイスの規模の維持拡大のため、常に新しい試みにチャレンジしています。eBayは、自社努力のみならず、他に技術と知識を持った企業を買収という形で、マーケットプレイス、いわゆるeBayの本業の進化向上させている、という事が理解できます。PayPalはeBayとの戦略の違いで分社化されましたが、それは、両者にとって更なる事業や提携の拡大を意味しています。こうした提携、再分散を重ねることも進化の一つですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください