スージーのeBay何でも相談室 「eBay 不快なバイヤー/悪意のあるバイヤーへの対応方法」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!! eBayで取引を行なっていると、たまに残念なバイヤーさんがいますよね。。。先日、出品していたポスターの価格を負けてくれって言われて、せっかくなので、2割位下げた値段を提案したら、”状態が悪いから、もっと負けろ!!”って言ってきて。。。状態に関しては、Very Good、まあ、キズや折れのある中古品って書いてあったんですけど、いや、Fair condition(粗悪品)だ!! とグイグイ責められてしまったんです。。。」

スージー「粗悪品だと思うなら、買わなきゃいいのに(苦笑)状態表示に関しては、一般的なガイドライン(NM、EX、VGなど)があるけど、まあ、人によって捉え方が異なることもあるから、注意は必要だね。」

メグ「はい、”状態が悪い、と感じるなら、買わない方がいいですよ”って返答したら、そのバイヤーさん、更にエキサイトしちゃって。。。」

スージー「珍しいね(苦笑)以前、解説したように、嫌な思いをしたバイヤーさんは、Block buyer、いわゆるブラックリストに登録して、もう係らない方がいいね。今日は、こういった不快なバイヤー、悪意のあるバイヤーへの対処方法をまとめておこうね。」

 

不快なバイヤー / 悪意のあるバイヤーをeBayに通報する

eBayにおいて、ほとんどのユーザーとは気持ちのよい取引ができると思います。しかしながら、時には、不快なバイヤー、悪意のあるバイヤーと遭遇してしまうことがあります。このような場合は、例え相手が感情的であったとしても、決して感情で行動しないで下さい。eBayはビジネスです。あなたは常に冷静な対応を心がけて下さい。

まず、バイヤーから、あまりに不快に感じるメッセージを受けた場合は、コミュニケーションを終了する旨と共に、eBayへ報告する旨を伝えます。「eBayに報告する」というのは、かなり効果的です。筆者の経験上、そこでバイヤーからのメッセージは止まることがほとんどです。

もし、既に取引があるバイヤーであれば、「Report a buyer」からeBayに通報します。
https://goo.gl/KHQq93

「Report a buyer」は、既に取引が行われているバイヤーのみが対象となるため、まだ取引のないバイヤーをeBayに通報する場合は、eBayの「Help & Contact」内の該当メニューから進めていきます。

 

不快なバイヤー / 悪意のあるバイヤーが入札をしてきた場合

滅多にあることではないですが、あなたのeBayにおけるオークションを妨害するために入札をしてくる場合があります。
eBayでは、商品を購入するつもりがないのに、入札をする行為は禁じられています。
このような行為が見受けられた場合は、まず、バイヤーの入札を取り消した上で、そのバイヤーをBlocked Buyer、いわゆるブラックリストに登録をします。
また、バイヤーが別のeBay IDを作成し、入札をする行為は禁じられています。そのID名から同一のバイヤーであるかどうかは、残念ながらオークションが終了し、そのバイヤーが落札しない限り、知り得ることができません。しかしながら、そのバイヤーをeBayに通報した上で、取引をキャンセルすることは可能です。
https://pages.ebay.com/help/policies/unwelcome-buying.html

 

Immediate payment(即時払い)の活用

前述のオークション時と同様、滅多にあることではないですが、あなたのeBayビジネスを妨害するために商品を購入してくる場合があります。商品説明や各種ポリシーに商品金額、送料等掲載されているにも係わらず、「値段を安くしろ」「送料が高い」などと難癖をつけてくる、という事です。また、支払い催促のメールを何度も送ったり、Unpaid caseをオープンしても、なしのつぶて、といった場合、大きな販売の機会損失となってしまいます。
これを防ぐには、「Immediate payment(即時払い)」という設定を行います。これにより、バイヤーは、Buy It Nowと同時に、決済しないと、購入することができなくなります。よって、バイヤーが購入したまま未払い、という事は起きなくなります。

 

Buyer Requirementsの活用

eBayのBuyer Requirementsでは、バイヤーに対する入札条件を設定する事が出来ます。そもそも、eBayにて未払いやポリシー違反などを繰り返しているバイヤーそのものをブロックしてしまう、ということです。

http://offer.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?BuyerBlockPreferences

ブロックの対象となるのは、「PayPalアカウントを持っていないバイヤー」「未払い商品があるバイヤー」「発送除外国のバイヤー」「ポリシー違反履歴のあるバイヤー」「Feedback(評価)スコアが低いバイヤー」となります。

 

今日のまとめ

不快なバイヤーや、悪意のあるバイヤーに対しては、決して感情的にならず、冷静に対応を行います。バイヤーが特定されている場合は、「Blocked buyer(ブラックリスト)」「Report a buyer(通報)」を活用し、未然に防ぐ方法は、「Immediate payment(即時払い)」「Buyer Requirements」を活用します。

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください