スージーのeBay何でも相談室 「eBay Advanced return rulesとは?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!前回は、eBayにおけるReturn preferenceについて、学ばさせて頂きました!!バイヤーさまからのReturn requestに対して、自動的に承認するか、または、即時に払い戻しを行う、という設定ができるのは、沢山の取引があるセラーにとっては便利ですね!!」

 

スージー「昨今のeBayが強化を図っている「Free return」は、バイヤーへ安心感を持ってもらうための施策だけど、実際の返品の場面は、余程の安価な商品でない限り、一旦、内容は確認したほうがいいよね。バイヤーさんとコミュニケーションを取ることで、バイヤー側の勘違い、商品に対する理解不足が解消して、返品や返金にならない場合が多いよね。

メグ「確かに、国内であればまだしも、国際郵便による返送ですから、カジュアルではないですよね(苦笑)。まあ、私のような個人セラーなら、自動的に返金、返品を承諾する設定は「OFF」ですね(笑)」

スージー「実は、このReturn preferencesで設定できるReturn rule、今まで話してきたことはBasic、基本設定なので、まだまだ細やかな設定ができるんだ。今日は、Advanced return rulesについて、解説していくね。」

 

Advanced return rulesとは?

eBayへの出品時には、Return policyにて、返品の可否、返品可能日数、返送料が誰が持つのか?という事を設定しますが、このReturn preferenceでは、バイヤーからのReturn requestに対して、自動的に承認するか、または、即時に払い戻しを行うための基本的なルールを作成することが出来ます。Basic return rulesでは、取引金額と返品理由によって、返金・返品を自動的に受ける設定が出来ますが、Advanced return rulesでは、返金・交換・返品のカデゴリー毎やアイテム毎の条件設定をすることが出来ます。

 

Advanced return rulesの設定場所

1.My eBayをクリックします。

2.Accountをクリックします。

3.Site Preferenceをクリックします。

4.Selling Preferencesの項目の一番下、Return PreferenceのEditをクリックすると、返品に関する現状の設定内容が表示されます。

5. 表示されたReturn Preferenceページの下の方、「Go to advanced return rules」をクリックします。

 

Advanced return rulesの設定

1. Advanced return rulesでは、バイヤーからリクエストがあった場合「返金」「交換」「返品」の3つについて、自動的に承諾する設定ができます。

2.例えば、「自動的に返金をする」設定をする場合は、「Send a refund automaticlly」を選択し、次の画面で、条件を設定します。ここでは、取引金額が「$◯◯以下」または「$◯◯から$△△の間」という細やかな条件付けが可能です。
また、Basicと同様に、返品理由についても、選択が可能です。

3. その下の「The item is in a list you created」をクリックすると、自動でリクエストを受けるリストを作成することが出来ます。リストを作成するには、「Create a list of items」をクリックし、自分が分かりやすい名称を付け、「Create list」をクリックします。

 

4. 次に表示される画面で、eBayのItem numberか、商品タイトルを入力し、単品で500商品まで指定する設定が出来ます。

5. リクエストの自動承認は、単品毎のみならず、カテゴリーでの設定も可能です。「The item is in these categories」をクリックし、Select categoriesをクリックします。

6. すると、eBayのカテゴリー一覧が表示されますので、設定したいカテゴリーを選択します。

7. eBayストア契約セラーであれば、上記画面内「select a category from your eBay Store」から、自身で設定したeBayストアカテゴリーを選択することも可能です。

メグ「バイヤーからのリクエストに対する自動承認、こんなに細かく設定できるなんで、もうびっくりです(苦笑)」

スージー「凄いよね(苦笑)これは、アメリカ国内のセラー限定だけど、返品に際して、返品認証認証(RMA/Return Merchandise Authorization)番号が必要なビジネスの場合には、自動で返品ラベルにRMA番号を入力する機能もあるんだ。一般セラーは使わない機能だけど、こんな機能もある、ということだけ覚えておこうね。」

 

今日のまとめ

eBayにおけるReturn preferenceでは、バイヤーからのReturn requestに対して、自動的に承認するか、または、即時に払い戻しを行う、という設定を行うことが出来ます。Basic return rulesでは、取引金額と返品理由によって、返金・返品を自動的に受ける設定が出来ますが、Advanced return rulesでは、返金・交換・返品のカデゴリー毎やアイテム毎の条件設定をすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください