スージーのeBay何でも相談室 「eBayが自動的に返品を承認しないようにするには?」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは! 実は今朝メールを開いたら、バイヤーさまからのReturn request(返品リクエスト)がオープンしていて、なんか返品手続きが進んでしまっているようなんです。先日、Return policyをFree returnに設定し直したせいでしょうか。。。なんか、普通は、eBay経由でReturn requestが来たら、内容を確認してから、承認する、みたいな順番だと思うんですが。。。」

スージー「一度、Return preferencesで、メグさんのReturn ruleがどうなっているのかを確認したほうがイイネ。」

メグ「え、それは、Return policyとはまた違うんですか?」

スージー「うん、違います(苦笑)ややこしいよね。今日は、eBayのReturn ruleについて、解説をしていくね。その中で、今回のメグさんの事例の原因も探していこう。」

 

Return Preferenceとは?

eBayへの出品時には、Return policyにて、返品の可否、返品可能日数、返送料が誰が持つのか?という事を設定しますが、このReturn preferenceでは、バイヤーからのReturn requestに対して、自動的に承認するか、または、即時に払い戻しを行うための基本的なルールを作成することが出来ます。この設定をすることで、取扱商品数、販売商品数が多いセラーにとっては、時間の節約に繋げることが出来ます。また、バイヤーにとっては、セラーと交渉することなく、手間のかからない返品、払い戻しを受けることが可能です。返品、返金両方の対応を自動化することも出来ますし、どちらか片方だけを自動化することも出来ます。

 

Return Preferenceの確認方法

1.My eBayをクリックします。

2.Accountをクリックします。

 

3.Site Preferenceをクリックします。

4.Selling Preferencesの項目の一番下、Return PreferenceのEditをクリックすると、返品に関する現状の設定内容が表示されます。

 

2つのReturn ruleとは?

1. Send a refund (返金する)

バイヤーが返金をリクエストした際、返品なしで返金を自動的に行う機能です。
例えば、安価な商品の返品の際、そのまま返金したほうが、確実に返送料より安く済む場合に設定をします。以下の画像の状態は、Turn off(機能させない)設定になっています。

まず、「この金額以下なら、返品なしで返金」の設定を行います。次に、以下の返品理由であれば、自動で返金をする、にチェックを入れます。

Doesn’t fit :サイズが合わない
Changed my mind :気が変わった
Found a better price :他でより安い価格を見つけた
Just didn’t like it : 商品が気にいらない
Ordered by mistake :間違って注文した
Doesn’t work or defective :機能しない、もしくは故障、欠陥品
Doesn’t match description or photos : 説明や写真と違いがある
Wrong item sent : 間違った商品が送られてきた
Missing parts or pieces : 部品に欠品や間違いがある
Arrived damaged : 商品が破損して届いた
Doesn’t seem authentic :本物に見えない
Arrived too late :到着が遅かった

バイヤーが使用方法を誤っていたなど、コミュニケーションで解決することがあったり、この機能を熟知しているバイヤーの悪用を防ぐためには、安価な商品のみの設定が望ましいと思われます。

 

2.Approve a return (返品を許可する)

バイヤーが返品をリクエストした際、自動的に返品を承諾する設定です。「On」になっていれば、自動的に返品手続きが進むことになります。

 

どのような設定になっているかの詳細は、Editをクリックすることで確認することが出来ます。

Approval a returnにおいても、Send a refundと同様の設定内容が表示されています。この場合は、金額が$750以下で、チェックの入った返品理由であれば、自動的に返品手続きを受ける、といった設定になっています。

 

メグ「あ、私のはこの設定になっていました。。。」

スージー「この設定は、デフォルトで「On」になっているようだね。自動にしたくない場合は、設定をOffにしておこう。」

 

今日のまとめ

eBayにおけるReturn preferenceでは、バイヤーからのReturn requestに対して、自動的に承認するか、または、即時に払い戻しを行う、という設定を行うことが出来ます。
昨今のeBayが強化を図っている「Free return」は、バイヤーへ安心感を持ってもらうための施策といえますが、実際の返品の場面は、余程の安価な商品でない限り、一旦、内容は確認したほうがよいと思われます。コミュニケーションを取ることで、バイヤーの勘違い、商品に対する理解不足が解消され、返品や返金が避けられる場合もあります。また、国内であればまだしも、国際郵便による返送になりますので、実際は気軽なものではありません。
バイヤーが返品をリクエストした際、自動的に返金、返品を承諾する設定になっている場合は、「OFF」にしたほうが懸命です。

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください