スージーのeBay何でも相談室 「eBay Item descriptionには何を記載するべきか?」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!前回は、eBayのItem description(商品説明)には、”出品する商品の内容を正確に記載する”に徹し、商品や取引に関係のないこと、入札や購入、評価を制限するようなマイルールの記載はNGであることを改めて学ばせて頂きました。」

スージー「うん、テキスト形式だから、いい意味でも悪い意味でも自由過ぎるところがあるからね。」

メグ「商品説明をどのように書くべきか、迷っちゃいますね(苦笑)」

スージー「今日は、改めて、eBayの商品説明には何を記載するべきかを学んでいこうね。」

 

正しいItem descriptionとは?

eBayにおける商品の出品ページは、バイヤーが商品に関する情報、また、送料や返品に関するルールを確認するためのものです。写真やCondition、Item specifics、各種ポリシーに加えて、補完するべき内容をItem descriptionで表現していく必要があります。5年くらい前までのeBayでは、派手なテンプレートや装飾文字、アニメや動画などでアピールをする時代でしたが、昨今では、モバイル対応という背景もあり、出来るだけ簡潔でシンプルな商品説明が求められています。余りにも過多な情報は、かえって本当に伝えたい情報が埋もれてしまい、バイヤーに伝わりません。以下にあげる項目で商品説明のあり方を見直してみましょう。

 

シンプルにする

eBayのバイヤーは、出品ページを見て、購入する商品を正確に知りたいのです。凝りに凝ったテンプレートを見に来ているのではないのです。昨今では、半数以上のバイヤーがeBayアプリを使って買い物をしています。画像や表、HTMLコードなどの説明は、タブレット、スマートフォン、その他のモバイルデバイスでは見づらいので 極力避けます。
モバイルの視点では、当然、画面が小さくなりますので、重要な事は商品説明の最初の方にに表示される事が望ましいです。モバイルでの表示においては、最初の250文字を簡単な商品説明として、クリックしなくてもプレビュー表示するようになっています。これで、バイヤーが余計なスクロールやクリックをしなくても、商品の概要を知ることができるのです。
更に、バイヤーが詳しく商品の概要を知りたければ、商品説明をクリックすると、最大で800文字であれば、全ての説明文の内容を表示してくれます。

 

Item specificsと重複する内容は入れない

Item specifics(商品詳細)は、カテゴリー毎に準備された項目別の商品説明です。この箇所は、モバイルで優先的に表示されます。よって、「We accept PayPal only」「We accept 30 days Free return」などといった、既にItem specificsで分かりきった情報は入力しません。PayPalを持っていないユーザーに対しては、予め購入をブロックする事も可能であり、送料は、Shipping policyで設定していますので、表示されている、という事です。

テキストは左詰めで
たまに、商品説明をセンタリングしているセラーがいますが、これは、PCでも見づらいですし、モバイルでは尚更です。モバイルのスクリーンには「左寄せ」が読みやすいです。書いた商品説明がモバイルでどのように表示されるかを確認し、修正してくれるツール「Mobile-friendly checker」の活用も有効です。Item descriptionの右上にあります。

箇条書きにする

eBayには、非英語圏のバイヤーも多数存在します。わざわざ文章にせず、箇条書きにsることで、どの国のユーザーにも伝えたい内容が伝わりやすいです。

 

Item descriptionに記載すべき内容とは?

ここまでで、記載しない内容と、記載方法をお伝えしてきました。では、商品説明では、何にフォーカスすればよいでしょうか? 以下に3項目をあげましたので、順に説明をしていきます。

 

1. 商品の状態

Brand new(新品)の場合は、Item conditionで選択できるので、他に説明は要らないです。Used(中古)の場合は、Item conditionの下のCondition descriptionにまずは簡潔に記載をした後、商品説明にも記載します。特に重要なポイントについては、テキストに色や太字を使ったり、「Please see 4th photo」など、写真と連動したコメントを入れておくと良いでしょう。

 

2.タイトルに入れ込めなかった検索キーワードを入れる

例えば、雑誌を出品した際、タイトルには、雑誌名、何年の何月号、表紙が誰なのか、程度の情報は入力できますが、雑誌の中身の詳細までは80文字では入力しきれません。
商品説明は、Advanced searchにおいては、検索対象となります。わざわざAdvanced searchにしなくても、関連サーチ結果として、表示されることは多数あります。よって、商品説明欄には、その雑誌に誰が載っているのか、音楽雑誌であればミュージシャン、映画雑誌であれば俳優、ファッション誌であればモデル、車雑誌であれば、車の名前などを列記することは、検索結果に非常に有効に作用します。

 

3.関税関連の注意事項を入れる

eBayのバイヤー全員が、関税の事を熟知しているわけではありません。関税に関する注意事項は必ず入れます。「販売抑制になるのでは」という意見もありますが、購入して頂いた後に、バイヤーが不快な思いをしないようにするには、最初からキチンと説明しておくべき内容です。

 

今日のまとめ

eBayのItem descriptionには、タイトル、Condition、Item specificsで網羅しきれない内容を記載します。また、できるだけ簡潔に記載することで、バイヤーに正確な情報を伝えることが出来ます。あれもこれも伝えたい、とアピールしたい気持ちは誰にでもありますが、内容を絞り込むことが、より伝わる商品説明になる事を覚えておきましょう。

 

 

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください