スージーのeBay何でも相談室 「eBay Free Returnのメリットとは?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは! 先日のeBay 2017年度秋期セラー・アップデートで発表された項目が、eBay上に表れ始めていますね! わたし、Free Return(無料返品)がいまいち理解できないんですよね。。。”商品説明と商品の状態が異なる”みたいな理由ならともかく、バイヤーさま側の都合で返品するのは、バイヤーが送料を持つべきなんじゃないかな、と思うんですけど。。。」

スージー「うん、メグさんのいうことはよく分かるよ!  では、メグさんに質問です。同じ商品が、同じ価格で2つ、eBayに出品されていました。ひとつはFree Return、もうひとつはFree Returnではないんだけど、どっちから買う?」

メグ「迷わず、Free Returnですね!!」

スージー「じゃあ、その商品は返品したいの?」

メグ「本当に欲しい商品だから購入するんです!! 商品に何も問題がないなら、返品なんてしません!!」

スージー「それ。それが答えなんだ。eBayは、ECでのスタンダードである返品自由を謳うことで、バイヤーに安心感を持って欲しい、という事なんだ。今日は、eBayのFree Returnについて、色々解説をしていくね。」

 

eBayのFree Returnとは?

Free Return(返品送料無料)という発想は、2017年度秋期セラー・アップデートで突然始まったわけではなく、以前から存在していました。2014年頃には「Hassle Free Return」(煩わしくない返品)と称して、アメリカ国内では、簡単に返品ラベルを作成できる機能を導入したり、セラーが返品送料を持つ設定をすることで、検索順位的には有利です、というような事を謳ったり、という事は繰り返されてきています。
今回のアップデートでは、バイヤーが、Free Returnをハッキリと認識できること、また、Free Returnを条件に検索を絞りこめる機能が設けられたことが大きいといえます。

上記のように、Free Returnにチェックを入れることで、以下のように「返品送料無料」のリストのみに検索結果が絞られます。

Free Returnの設定方法

Free Returnの設定方法は簡単です。My eBay > Account > Business Policies内のReturn Policyを開き、「Return shipping will be paid by(返送時の送料)」は「Seller(セラーが支払う)」と設定し、「Do you want to charge a restocking fee?(再出品手数料を請求しますか?)」を「No(請求しません)」と2箇所の設定を変更するだけです。


実際、返品になった際、国際郵便における着払いは困難なため、バイヤーから返送金額をあらかじめ確認します。そして、返送料を一旦バイヤーに立て替えてもらい、返品商品を受領した段階で、商品代金を返金し、立替の送料をPayPalで支払う、といった流れになります。

 

eBayが謳うFree Returnのメリットとは?

eBayは、「ECにおける無料返品はスタンダードである」という考え方の元、上記の通り、露出の向上や、検索順位の優位性を謳い、確実に売上が上がる、と謳っています。
eBayの調査によると、30日間のFree Returnを追加することで、コンバージョン数が17%近く引き上げることができ、60日間のFree Reurnを追加することで、コンバージョン数が平均34%向上している、との事です。
60日間という期間については、いわゆるクリスマスシーズンを念頭に置いた期間です。クリスマスプレゼントとして、11月初旬に商品を購入した場合、クリスマスまでは、その商品が保管されている、という発想から生まれているのです。eBayの調査によると、返品期間が30日から60日に延長しても、返品回数が大幅に増加していないとの事です。
eBayは、あなたがFree Returnへ変更したとしても、収益に影響することはない、としています。Free Returnにしても、対象期間を延長したとしても、一般的な小売業における返品率2〜5%の範囲内である、としています。

 

メグ「自分がバイヤーの場合であれば、とても良く理解できます。ヤフオクやメルカリでよくある、ノークレーム・ノーリターンはあまり気分は良くないですよね。」

スージー「そういうことだね。ノークレーム・ノーリターンの文言以外でも、保険の約款のように、何行にも亘って、マイルールを記入している出品があるけど、自分なら、そういうセラーからは基本購入することはないね。」

メグ「eBayがFree Returnを推奨する意味はよく分かりました!! 実際、他のeBayセラーさんはどう考えているんでしょうね?」

スージー「デメリットと考えられている部分だね。それは、次回、また解説していくね。」

 

今日のまとめ

eBayは、以前から「ECにおける送料無料返品はスタンダードである」と謳っています。2017年秋のセラーアップデートでは、「Free Return」という具体的な用語を掲げる事により、eBay内での定着化を図ろうとしています。その根拠は、「バイヤーの安心度が向上し、eBayマーケットの売上が上がる」というもので、コンバージョン率は30日間で17%、60日間で34%向上する、という根拠も示されています。もちろん、この政策に対するセラーからの反対意見も出ているので、次回、解説をしていきます。

スージーのeBay何でも相談室 「eBay Free Returnのメリットとは?」” への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    返品で検索していましたらこちらにたどり着きました。

    バイヤーから返品されることになりました。
    返品の追跡番号等も教えていただいてから2週間くらいになります。
    おそらく一番安い方法で配送したらしく未だ届きません。
    (レシート等をUPしていただいたので送ったことは間違いないと思います)

    しかし、返品してから一定期間内に対応が必要みたいでいついつまでに返金するようにとなっています。
    が、「商品到着後、確認していついつまでに返金」しか選択肢がありません。
    そもその商品が届かない場合、どうすればいいでしょうか?
    商品が届こうが届くまいが返金しかないということでしょうか?
    何か知恵を頂ければ幸いです。

    1. ららら様
      こんにちは。
      返金は、商品到着後、
      商品が発送時の状態のままかどうか、
      を確認してからで構いません。

        1. ららら様
          こんにちは。少しでもお役に立てていれば幸いです。
          今後共どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください