スージーのeBay何でも相談室 「eBayで発送を除外したい国を設定する方法~その1」

完全フルオート!プロが運用するアメリカ国内無在庫販売とは?売れるebayアカウントの作り方が分かる無料の勉強会を開催中です!

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。

eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!最近、私の友達が、eBayで売れた商品をロシアに送ったら、紛失になってしまったそうなんです。。。郵便事故が多そうな国はなんか怖いですよね。。。」

スージー「eBayには、発送を除外したい国を予め設定しておく機能があるんだ。発送除外国と設定することで、その国のバイヤーさんはメグさんの商品には入札、または購入することができなくなるんだ。」

メグ「え!じゃあ、私心配なので、ロシアは早速除外に設定したいと思います!」

スージー「まあまあ、あせらないで。結論は後にするとして、まず、今日はeBayにおける発送除外国の設定方法について説明をしていくね。」

eBayで発送除外国を設定するメリット

頻繁に到着遅延が起こる、または届かない、すぐに戻ってきてしまう、税関が厳し過ぎる、といった郵便事情が良くない国を発送除外国に設定することによって、郵便事故やトラブルを未然に防ぐ事ができます。
一般的に、郵便事情が良くない国として、よく挙げられているのは、ロシア、中国、スペイン、イタリア、メキシコ、南米(ブラジル、チリなど)アフリカなどです。

eBayにおける発送除外国の設定方法

1. My eBay > Account > Site Preferences > Shipping preferencesの「Show」をクリックします。


2. Exclude shipping locations from your listings(あなたの出品から発送先を除外する)の設定は、今は「No」となっていますので、何も設定していない状態です。これを編集するには「Edit」をクリックします。

3. Exclude shipping locationsにて、チェックを入れた箇所が発送除外となります。現在は、「You haven’t excluded any countries yet」と表示されていますので、発送先の除外国がない状態です。


4. 発送除外の設定は、「南アメリカ」というように、地域単位でも出来ますし、


地域の横に表示されている[Show all countries]をクリックすることで所属する国が全て表示されますので、国単位でも設定ができます。


5. ここでは、「南アメリカ」と「日本」にチェックを入れてみます。左下のApply をクリックすれば、 発送除外国の設定は完了です。


5. 「You’ve excluded Japan, South America」と表示され、日本と南アメリカが発送対象外となったことが確認できます。


メグ「へぇ~、とても簡単に設定できるんですね。発送を除外した国の人から、私の出品はどのように見えるんですか?」

スージー「原則は表示されないんだけど、バイヤーの設定によっては、以下のように表示されます。これは日本を発送除外国にした出品を、日本から見た場合の例だね」

メグ「あ~、日本へは送りませんって、明確に表示されるんですね~」

スージー「発送除外国のバイヤーは、セラーに対して、質問もできないようにブロックされてしまっているんだ。」

メグ「という事は、”発送してほしい”という交渉も出来ないんですね。じゃあ、郵便事故が多い国を、早速チェックして設定しなきゃ。え~、ロシア、中国、イタリア、南米。。。。」

スージー「ちょっと待って!eBayで発送除外国を設定した場合のデメリットをまだ説明してないよ。それを聞いてからでも遅くないと思うよ。」

eBayで発送除外国を設定するデメリット

最も大きなデメリットは、
「eBayでの販売機会を自ら狭めてしまい、売上が伸びなくなる」です。

 

eBayセラー初心者の方から「発送除外にしたほうが良い国はどこですか?」という質問はよく受けます。

前述の通り、郵便事故の可能性が高いと言われている国というのは、あくまでも個人の実体験ですので、恐らく、eBayセラーの数だけ、国名や地域は出てくるでしょう。

では、筆者の場合はどうかというと、過去3年間、4000件以上の取引で、完全に紛失となってしまったのは、たったの1件で、国はベネズエラでした。
では、同じく筆者の体験で、紛失はないものの、到着遅延や難癖が最も多い国はアメリカです。これは、最も取引数が一番多いからと考えます。

eBayで取り扱っている商品のジャンルにもよるかもしれません。

また、PayPalの資金留保解除を早くするために、当面、アメリカだけの発送にしたい、という方もいらっしゃいます。

理由はよく分かるのですが、筆者はお薦めしません。

何故なら、eBayの初心者セラーほど、沢山の国のバイヤーと、沢山の取引を経験する必要があると考えるからです。また、あなたの取り扱っている商品は、アメリカがいくら広いといえども、アメリカで売れるとは限りません。アメリカ以外の地域で沢山のニーズがあるかもしれません。自ら販売対象を減らしてしまうことで、資金留保解除以前に、販売が少なくなりますので、資金そのものを作ることが出来ません。

もちろん万能ではないですが、基本、書留をつける事で、相手には届きますし、万が一の紛失の場合でも、書留の範囲内で補償を受けることが出来ます。

メグ「そうですよね。外からの情報だけで判断して、eBayでの発送除外を増やせば増やすほど、販売ロスには繋がりますよね。。。」

スージー「その通り。しばらくは、発送除外国は設定しないで、Worldwide、送れるところならどこでも!というスタンスの方が望ましいと思うよ。様子を見ながらの設定でも決して遅くはないよね。」

メグ「はい、せっかく、地球規模のマーケットであるeBayで私の出品した商品を欲しがってくれている人なら、どこへでも送りたいですよね。国際取引の醍醐味ですからね!」

今日のまとめ

1. eBayにて、郵便事情が良くない国を発送除外国に設定することによって、郵便事故やトラブルが起こる確率を低くすることが出来るメリットがある。

2. eBayにおける発送除外国は、My eBay > Account > Site Preferences > Shipping preferences内の「Exclude shipping locations」から国ごと、地域ごとに設定することができる。

3. eBayにて発送除外国を設定しすぎると、自分で販売エリアを狭め、販売機会のロスに繋がってしまうため、注意が必要である。

ebayはアカウント力!毎月同じ事をして売上を上げる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください