スージーのeBay何でも相談室 「eBay 2018年度夏期セラー・アップデート~その5」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!前回は、Simplified Returnsにおける自動返品について教えて頂きました!! これは、アメリカ国内での取引が対象でしたよね。」

 

スージー「そうだね。日本のeBayメンバーは適用外だね。でも、アメリカ国内のバイヤーは、この自動返品のルールがアメリカ国内のみに適用されることを知らない場合があるからね。概要だけは知っておこう。」

 

メグ「はい、アメリカのバイヤーさんに”返品ラベルを送ってくれ”と言われたことは何度かありますね(苦笑)」

 

スージー「今日は、”Simplified Returns(よりシンプルになった返品)”の続き、Return Policyの簡素化、部分返金、国際返品ポリシーについて解説していくね。」



eBayセラーアップデートとは?

eBayでは、健全なeBayマーケットを保つために、「セラーアップデート」というものが定期的に実施されています。その名の通り、eBayセラーに向けたポリシーが更新されます。通常、春と秋の年2回が実施のタイミングですが、2017年、そして、今年2018年は夏にも実施がなされています。eBayセラーアップデートは、eBayのページを通じて発表され、アメリカのみならず、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなど、各国のeBay毎に異なる場合があります。その内容は、セラーに対して、手数料の引き上げなど、厳しくなるものから、逆に、緩和されるものまで様々です。eBayビジネスを健全に続けていくためにも、新しいポリシー、ルールをしっかりと受け入れ、対応していきます。


eBay 2018年度夏期セラーアップデートの概要

今日は、eBay.com(アメリカ)における2018年度夏期セラーアップデート(2018 Summer Seller Update)を紹介していきます。
eBay及びeBay Japanの公式サイトにはその全容が紹介されていますので、併せてご確認ください。


(アメリカ)
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-summer/index.html
(日本)
https://www.ebay.co.jp/news/sr/sr182/

今回の変更は、「Inventory Optimization(在庫の最適化)」「Selling Metrics & Shipping(セラー・メトリクスおよび配送)」「eBay Stores(eBayストア)」「Simplified Returns(よりシンプルになった返品)」の4つの大項目となります。

 

今日は4つ目の「Simplified Returns(よりシンプルになった返品)」についてを解説していきます。

 

Return Policyの簡素化

2018年春期セラー・アップデートにて、eBayの返品ポリシーが5種類に簡素化されることが既に発表されています。
2018年8月以降、セラー自身で新しいReturn Policyに更新していない出品については、自動的に更新されます。これは、Good ‘Til Cancelled(キャンセルまで継続出品)による出品も含まれます。

(5つのReturn Policy)

No returns accepted / 返品不可
30-day buyer-paid return / 30日のバイヤー負担の返品
30-day free returns / 30日の無料返品 (返送料はセラー負担)
60-day buyer-paid returns / 60日のバイヤー負担の返品
60-day free returns / 60日の無料返品(返送料はセラー負担)

 

(旧Return Policyから新Return Policyへの更新)

なお、「コレクター商品&アート(Collectibles & Art)」、「カメラ&写真(Cameras & Photo)」および「医療、移動補助、障害者補助器具(Medical, Mobility & Disability Equipment)」については、14日以内の返品が継続利用できます。

 

部分返金 / Partial refunds

2018年春期セラー・アップデートにて発表されている通り、Return Policyにて、Free return(無料返品)を提供している場合、もし、商品が元の状態へ返品されなかった際は、バイヤーへのPartial refunds(部分返金)が行えるようになりました。

バイヤーが商品を返品する際は、「商品は発送されていた時と同じ状態であること」が条件です。

例えば、部品が不足している、きちんと梱包されていなかったことによる返送中の破損、といった場合です。

洋服を購入し、タグを取った後に、サイズが合わない事に気がついた場合、返品はできますが、タグをとってしまっているため、セラーは価値の損失をカバーするため、返金額の一部を差し引く権利はあります。

 

国際返品ポリシー/International returns policy

Return Policyが、Shipping Policyと同様に、「Domestic(アメリカ国内)」「International(アメリカ国外)」と分けて設定することができるようになりました。

今日のまとめ

この記事では、Simplified ReturnsにおけるReturn Policyの簡素化、部分返金、国際返品ポリシーについて解説をしました。Return policyの更新は、My eBay > Account> Business Policiesにて、該当のポリシーを選択し行います。部分返金は、今まで返品=全額返金の選択しかありませんでしたので、大きな新機能と思われますが、バイヤー/セラー間での相違が起こった場合、eBayがどこまで介入してくれるのかの事例が欲しいところですね。今後、アメリカ本国のeBayコミュニティに具体例が書き込まれると思いますので、適宜、確認をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください