スージーのeBay何でも相談室 「eBay 2018年度夏期セラー・アップデート~その4」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「メグ「こんにちは!前回は、eBayストアに関するアップデート事項について教えて頂きました!! 早速、サンキューレターに印刷してあるストアURLを変更します!!」

スージー「しかし、改めて、eBayストアにはいろんな機能があるね。全く使わないまま削除されてしまう機能もあったりするね(笑)新たな個々の機能は、また追って、解説をしていくね。」

メグ「今日は、4番めのお題、”Simplified Returns(よりシンプルになった返品)”についてですね!!今日も宜しくお願い致します。」

 

eBayセラーアップデートとは?

eBayでは、健全なeBayマーケットを保つために、「セラーアップデート」というものが定期的に実施されています。その名の通り、eBayセラーに向けたポリシーが更新されます。通常、春と秋の年2回が実施のタイミングですが、2017年、そして、今年2018年は夏にも実施がなされています。eBayセラーアップデートは、eBayのページを通じて発表され、アメリカのみならず、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなど、各国のeBay毎に異なる場合があります。その内容は、セラーに対して、手数料の引き上げなど、厳しくなるものから、逆に、緩和されるものまで様々です。eBayビジネスを健全に続けていくためにも、新しいポリシー、ルールをしっかりと受け入れ、対応していきます。

 

eBay 2018年度夏期セラーアップデートの概要

今日は、eBay.com(アメリカ)における2018年度夏期セラーアップデート(2018 Summer Seller Update)を紹介していきます。
eBay及びeBay Japanの公式サイトにはその全容が紹介されていますので、併せてご確認ください。

(アメリカ)
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-summer/index.html
(日本)
https://www.ebay.co.jp/news/sr/sr182/

今回の変更は、「Inventory Optimization(在庫の最適化)」「Selling Metrics & Shipping(セラー・メトリクスおよび配送)」「eBay Stores(eBayストア)」「Simplified Returns(よりシンプルになった返品)」の4つの大項目となります。

今日は4つ目の「Simplified Returns(よりシンプルになった返品)」についてを解説していきます。但し、これらは「アメリカのユーザー」が対象となります。日本のユーザーは直接関係はないです。しかしながら、アメリカのユーザーがアメリカ国内の手続きと同じことを求めてくる場合がありますので、「アメリカ国内と海外では手続きが異なる」と回答できるよう、知識だけは持っておきましょう。

 

より速い返品手続きを行うための2つの自動化

2018年7月から、バイヤーとセラー間の返品手続きの2つの方法が自動化されます。

1. 今までは、Return Requestが発生したら、セラーが返品ラベルを作成し、バイヤーへ送信をしていましたが、今後は、Return Requestが発生した時点で、返品ラベルがバイヤーへ自動的に提供されます。

2. 返品された商品は、セラーがその商品を確認し、2営業日以内にバイヤーへ返金を行う必要があります。もし、その2営業日以内に、セラーが何らかの措置を取らない場合は、eBay側が、追跡番号の到着ステータスを確認した上で、自動的にバイヤーへ返金処理をする場合があります。この場合、販売者のパフォーマンスに影響を与えることなく、eBayがReturn Requestをクローズします。

 

メグ「へえ、 アメリカ国内では、Return Requestを受けると、自動で淡々と返品処理が進んでしまうんですね。。。この自動っていうのは手動にはできないんですか?」

スージー「手動にはできないようだね(苦笑)あくまでも返品手続きの簡素化だから、自動っていうのがバイヤーさんにとってのメリットだからね。この後、詳しく解説するね。」

 

その他、アメリカ国内での返品手続きに関する事

今回のアップデートにおける自動返品手続きの対象となるReturn requestは、「セラーが設定したReturn Policyに則っている事」「アメリカ国内の取引である事」「交換や代替商品を希望していない事」が条件です。
よって、Return Policyにて、「No return accepted(返品不可)」としている場合は、自動では手続きされません。しかしながら、返品理由が「Item not as described(商品説明と異なる)」場合は、自動手続きの対象となります。

自動でバイヤーに提供される返品ラベルは、USPS(アメリカ合衆国郵便公社)のファーストクラスまたはプライオリティメールです。ラベルの価格(送料)は、荷物の重量や大きさによって決められます。但し、元々、発送時にeBayの発送ラベルを使用している場合は、その金額以上にはなりません。

なお、Return requestに対して、商品の返品を必要としないRefund(返金)は、別途、Return Preferenceにて、自動返金処理のルールを設定していれば、対応可能です。

また、Return Policyにて、商品交換、代替品提供を設定していれば、自動返品処理はされません。

 

今日のまとめ

この記事では、Simplified Returnsにおける自動返品について解説をしました。冒頭でも触れましたが、アメリカ国内のバイヤーは、この自動返品のルールがアメリカ国内のみに適用されることを知らない可能性があります。よくあるのが、アメリカのバイヤーから「返品するから、返品ラベルを送ってくれ」と言われることです。返品ラベルは、日本では作成ができないため、一旦バイヤーに返送料を立て替えてもらい、返品商品を受領後、元の商品代金を返金し、立て替えてもらった返送料をバイヤーへ送金する、といった流れです。
自動返品は、アメリカ国内の取引限定ですが、今後、バイヤーからそれに関する質問があった場合は、答えられる知識は持っておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください