スージーのeBay何でも相談室 「eBay 2018年度夏期セラー・アップデート~その2」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「メグ「こんにちは!前回は、eBayの2018年度春期セラーアップデートにおける”在庫の最適化”について、学ばせていただきました!!」


スージー「在庫の最適化=eBayカタログの使用、ということだよね。まだまだカタログそのものの精度は低く、対象カテゴリーも少ないよね。また、日本製品への対応も遅いイメージだね。まあ、ここはeBayカタログの充実化を待ちながら、対応しなければならないカテゴリーや商品は随時切り替えていこうね。」

 

メグ「今日は、2番めのお題、”Selling Metrics & Shipping(セラー・メトリクスおよび配送)”についてですね!!今日も宜しくお願い致します。」


eBayセラーアップデートとは?

eBayでは、健全なeBayマーケットを保つために、「セラーアップデート」というものが定期的に実施されています。その名の通り、eBayセラーに向けたポリシーが更新されます。通常、春と秋の年2回が実施のタイミングですが、2017年、そして、今年2018年は夏にも実施がなされています。eBayセラーアップデートは、eBayのページを通じて発表され、アメリカのみならず、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなど、各国のeBay毎に異なる場合があります。その内容は、セラーに対して、手数料の引き上げなど、厳しくなるものから、逆に、緩和されるものまで様々です。eBayビジネスを健全に続けていくためにも、新しいポリシー、ルールをしっかりと受け入れ、対応していきます。


eBay 2018年度夏期セラーアップデートの概要

今日は、eBay.com(アメリカ)における2018年度夏期セラーアップデート(2018 Summer Seller Update)を紹介していきます。
eBay及びeBay Japanの公式サイトにはその全容が紹介されていますので、併せてご確認ください。


(アメリカ)
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-summer/index.html
(日本)
https://www.ebay.co.jp/news/sr/sr182/

今回の変更は、「Inventory Optimization(在庫の最適化)」「Selling Metrics & Shipping(セラー・メトリクスおよび配送)」「eBay Stores(eBayストア)」「Simplified Returns(よりシンプルになった返品)」の4つの大項目となります。

 

今日は2つ目の「Selling Metrics & Shipping(セラー・メトリクスおよび配送)」についてを開設していきます。

 

Selling Metrics & Shipping
(セラー・メトリクスおよび配送)について

今回のeBayセラーアップデートで、最もセラーにとって痛いのは、2018年7月上旬よりスタートするService Metrics(サービスメトリクス)の導入です。
Metrics=メトリクスとは、「指標」という意味です。

セラーのケース/リクエスト状況などを示す項目が、以下のようにSeller Hub内に追加されます。


「Item not as described(商品が説明と違う)」や「Item not received(商品未着)」といったケース/リクエストを受ける頻度や、他のセラーとの比較基準、ケース/リクエストの分析や解決のためのヒントが、一目で分かるように表示されます。

2018年10月以降、これらのケース/リクエストが多い場合、eBayからの通知により、制裁措置を受ける可能性があります。

 

メグ「え~、確か、eBayの2015年度秋期セラーアップデートで、2016年2月20日から、もし、ケース/リクエストがオープンされても、無事にバイヤーさんとセラーとの間で、問題が解決すれば、アカウントへのマイナスの影響はなくなったんですよね。。。」

 

スージー「うん、マイナスの影響が復活する、ということだね(苦笑)また、ケース/リクエストをオープンされただけで、マイナス評価の対象となってしまうんだ。」

 

サービスメトリクスの算定基準とは?

サービスメトリクスの算定は、セラーレベル同様に、以下の基準で行われます。

・直近3か月間にeBayのサイトで400件以上の取引があった場合
 → その直近3か月間の取引を算定期間とする。
・直近3か月間にeBayのサイトでの取引が400件以下の場合、
 →  直近12か月間の取引を算定期間とする。

 

この期間に、「商品が説明と違う」「商品未着」のケース/リクエストを、少なくとも10回受け、その比率が取引数の1%以上になってしまうと、


・「商品が説明と違う」の場合 → 該当カテゴリー内での手数料4%追加

・「商品未着」の場合、該当の配送地域に対するバイヤー向け配達予定日時の延長措置

 

 

メグ「この、配達予定日時の延長措置って何ですか?」

 

スージー「商品ページに、”このセラーは、他のセラーに比べて、配送時間が余計にかかります”と、表示されてしまうんだ。」

 

メグ「うぁ~、バイヤーさんがそれ見たら、買いたくなくなりますよね(涙)」

スージー「”商品が説明と違う”っていうのも、ちょっと厄介だね。ケース/リクエストの理由付けは、あくまでバイヤーさん側の気持ちによるところだからね。」


メグ「確かに(笑)本当は、バイヤーさんが、間違えて購入した、気に入らない、気が変わった、などの理由だったとしても、”商品が説明と違う”と理由でケース/リクエストをオープンされてしまったら、”はい、カウント1”みたいになってしまいますよね(涙)

スージー「”商品未着”に関しては、自然災害や現地の税関や郵便状況の混乱を加味してくれるとは謳っていますが、どこまでフォローしてくれるかは不明だよね。」

 

メグ「たまに、eBayのセラーニュースに、アメリカのハリケーンとかの情報が出ていますが、各国の細かい事情まで、例えば、2017年秋頃のオランダの空港での物流機能の不具合とか、結構影響ありましたけど、eBayのニュースには何も出ていませんでした(苦笑)」

 


今日のまとめ

この記事では、2018年7月上旬よりスタートする「Service Metrics(サービスメトリクス)」について、解説をしました。2016年2月以降、バイヤー・セラー間で解決したケース/リクエストは、アカウントにマイナスの影響はなくなったことは非常に大きな安心でしたが、今回のアップデートでは、逆戻りという事になってしまいました。

一度、あなたの直近の取引数とケース/リクエストのオープン数を確認してみて下さい。マイナス評価になるような基準である場合は、あなたの商品説明や発送方法など、改善が必要な内容については、今のうちから対処をしておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください