スージーのeBay何でも相談室 「国際eパケットライトは調査請求できるのか?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!! 実は、昨日、ものすごく久しぶりに、eBayのバイヤーさんから”注文した商品がまだ届いていない!!”と、連絡を受けたんです(涙)」

 

スージー「あらら。発送方法は何で送ったの?」

 

メグ「はい、eパケットライトです。eパケライトって、送料が安くて、到着がめちゃめちゃ早いじゃないですか。今では、国際eパケットライトをメインの発送方法にしているんです。半年くらい無事故でしたけど、変えてからは初めてです(涙)」

 

スージー「じゃあ、早速、調査請求しなきゃね。」

 

メグ「あれ、eパケライトって、書留じゃなくて、特定記録扱いだから、調査請求できないんですよね。」

 

スージー「トラッキングナンバーを追跡サービスにかけて、未着の場合は、ちゃんと調査してくれるよ(笑)今日は、eパケットライトの調査請求について、解説していくね。」

 

調査請求とは?

国際郵便における海外各国の事情は、日本国内の郵便と比較し、良くないところが非常に多いです。よって、国際郵便のトラブルで最も多いのが、荷物の遅延や不着です。

調査請求とは、トラッキングナンバーによる追跡情報ではなく、公式に荷物の所在について、郵便局に調査するよう依頼することです。
海外に発送した「書留」「保険付郵便物」「国際小包」「国際特定記録」は、発送した日から6か月(南アフリカあて小包は1年)以内の荷物は調査が可能です。調査請求は、郵便物を発送した郵便局、または集配を行なっている郵便局にて「調査請求書」を提出して行うことができます。もちろんですが、トラッキングナンバー/追跡番号がない郵便物は一切調査してくれません。

ちなみに国際eパケットライトは「国際特定記録」の事です。

 

メグ「わたし、日本郵便のホームページで、調査請求のことを調べたんです。そうしたら、

“調査請求の対象は、書留、保険付郵便物および国際小包”って書いてありますよ!! やっぱり、調査できないんじゃないですか?」

https://www.post.japanpost.jp/int/download/chousa.html

スージー「うん、日本郵便のホームページの情報が間違えているよ(笑)実は、国際郵便約款を調べてみたんだけど、正しい情報がちゃんと出ていたよ。」

※この記事は、2018年6月13日に書いております。

 

 

国際eパケットライトは調査請求できます

前述の通り、日本郵便のホームページは、情報更新が遅れているようですが、国際郵便のルールが記載されている「国際郵便約款」には、国際eパケットライトは調査請求できる旨が記載されています。

「第89条 調査請求は、小包郵便物、書留郵便物、保険付郵便物又は国際特定記録とする郵便物に不着、内容品亡失、損傷、遅延、受取通知用紙の未受領等が発生した場合に、郵便物の差出人又は受取人の請求により、郵便物の取扱いについて調査する取扱いです」

https://www.post.japanpost.jp/about/yakkan/3-1.pdf 47ページ

 

メグ「なんだ、日本郵便のホームページが更新されていない、ということですね(苦笑)」

 

スージー「無理もないね(苦笑)約款が改正されたのは、国際eパケットライトが全国の郵便局で取扱が開始された2018年10月1日だからね(笑)」

http://www.soumu.go.jp/main_content/000504526.pdf

 

メグ「早速、調査請求作ります!! 。。。あれ? フォームには、国際特定記録の種別がない。。。」

 

スージー「それ、古い調査請求書のフォームじゃないかな。新しいものは、日本郵便のホームページからダウンロードできるよ。差し替えてね。」

https://www.post.japanpost.jp/int/download/chousa.html

 

万が一、破損、紛失の場合の補償は?

メグ「調査請求の結果、万が一、破損や紛失の場合は、補償されませんよね。。。」

 

スージー「うん、EMSや国際eパケット、書留郵便とは異なり、国際特定記録扱いだからね。万が一の際は補償はされないことは、覚えておこうね。但し、送料だけは戻ってくるんだ。」

 

「国際特定記録とする郵便物を亡失した場合であって、当社(郵便局)が責任を負うべき事由がある場合」「差出しの際に支払われた郵便物の料金及び国際特定記録料」が「料金を支払った日から1年」以内であれば、差出人に返還されます。

https://www.post.japanpost.jp/about/yakkan/3-1.pdf

30ページより

 

今日のまとめ

この記事では、送料が安く、到着の早い、国際eパケットライトの調査請求方法について解説をしました。但し、EMSや国際eパケットを含む、書留郵便とは異なり、万が一、荷物が破損した場合、紛失してしまった場合でも、荷物の代金の補償されず、送料と国際特定記録料のみの返還となりますので、注意が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください