スージーのeBay何でも相談室 「eBayのトレンドを知るeBay Exploreとは?~その3」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!!  先日は、eBay Exploreの”Trending Now” ”What It’s Worth”の機能について、教えて頂きました!! “Trending Now”に、Japanなどのワードで検索すると、何故か、更新日がかなり昔のようですが(苦笑)、”What It’s Worth”は具体的に売れている商品を知ることができるので、リサーチの大きなヒントになりますね!!」

 

スージー「今日も、引き続き、eBay Exploreの使い方について、解説をしていくね。」

 

eBay Exploreとは?

eBayにおいて、日本のどんな商品が売れているのかを調べるには、ebay.comにアクセスし、「Japan」「Japanese」で検索するのが王道です。eBay上で検索するには、カテゴリーを選択したり、検索ワードを追加して、商品の絞り込みを行なっていくため、eBay全体のトレンドについては、この作業では拾いにくいものです。

 

eBay全体のざっくりとしたトレンドを知る事ができるサイトが、「eBay Explore」です。

https://explore.ebay.com/

Best Sellers

前回の記事では、トップページ右上の「Trending Now」「What It’s Worth」の活用方法について、解説を行いました。「Trending Now」では、人気キーワードに関する情報、「What It’s Worth」では、具体的に売れている商品情報が検索できました。「Best Sellers」という機能は、「本当に沢山の数が売れている商品」にフォーカスが当てられれています。

 

まず、eBay Exploreの画面右上の「Best Sellers」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

商品カテゴリー別に、「販売数」が多い商品が表示されています。例えば、一番上の「Electronics」の右から2番目のBluetoothのイヤホンを見てみましょう。

メグ「うわ~、ビックリですね!! このBluetoothのイヤホン、今までで、13,000個以上販売されてるんですね!! しかも、直近1時間以内にも、3個販売されていますね。」

 

スージー「このセラーは中国だね。発送先は、アメリカと中国だけ。5ドルの商品だけど、アメリカは送料40ドルだから、まあ誰も買わないでしょう(笑)中国国内は送料無料、Free shippingなので、中国国内で沢山販売し、利益をあげていく、というよりは、Sales Conversion Rateをあげていこう、という目的での出品だろうね。」

 

メグ「Sales Conversion Rateって何ですか?」

 

スージー「Sales Conversion Rateは、Sold÷Active、売れた数÷出品数の割合だね。これが高ければ高いほど、「販売効率の良いバイヤー」として、eBayでの検索順位や販売効率が上がる可能性が高くなるんだ。」

 

メグ「なるほど!! この出品、絶対赤字だよな~なんて思う事が多々あるんですが、こういうことだったんですね。」

 

スージー「もう少し、Best sellersを見てみようか。」

メグ「上のCollectibleの中の、アメリカの国旗の写真は、切手ですか?」

スージー「その通り!! USPS、アメリカ合衆国郵便公社がeBayに出品しているんだ!!」

 

メグ「これも、たくさん売れてますね~、まあ当たり前か(笑)ところで、切手って、Stampですよね。なんか、Coilって書いてありますけど、これは何ですか?」

 

スージー「Coil=コイルは、一巻き、っていうことだね。だから、Coil of 100で、100枚一巻き、っていう意味になるんだ。」

 

スージー「PayPalもクーポン付のギフトカードを販売していて、これもたくさん売れているね!!」

メグ「アメリカの有名な小売チェーン”Best Buyのギフトカードですね!! なかなか、”数”が売れているもののイメージって、付きづらかったんですが、このようにBest sellerっていう形で、一覧になっていると、本当に見やすいですね!!」

 

今日のまとめ

この記事では、eBay全体のざっくりとしたトレンドを知る事ができるサイト「eBay Explore」の「Best Sellers」の機能について、解説をしました。

「Best Sellers」という機能では、何千、何万と、「本当に沢山の数が売れている商品」にフォーカスが当てられれています。今回紹介した事例は、アメリカ国内向けの商材だったり、中国国内向けの商材でしたが、次回の記事では、日本にフォーカスを当て、このBest Sellersの機能の活用方法をご紹介致します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください