スージーのeBay何でも相談室 「eBayからの「MC010」というメールが意味するものは?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。

eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!今日、eBayから,”MC010”っていうタイトルのメールを受け取ってしまったんです。以前、重大な出品違反として、”MC999”っていう警告メールをeBayから受け取ってしまったじゃないですか。また、わたし、何かやってしまったんでしょうか。。。」

スージー「そのメールをちょっと見せてもらえるかな?」

メグ「はい、これです。。。」

スージー「これは、最近、メグさんがメッセージのやりとりをしたバイヤーのアカウントがハッキングされていたので、メグさんのアカウントに何か問題がないかどうかの確認メールだね。何か心当たりある?」

 

メグ「。。。あ、心当たりあります。先日、イタリアのバイヤーさんが発送先として、ロシアの住所を指定していたんです。もちろん、eBayやPayPalに発送先として登録されている住所ですよ。でも、ちょっと心配だったんで、バイヤーさんに確認メールを入れていたんです。そしたら、”私のロシアの友人に発送するので、心配しないでね”と返信が来たんです。で、安心して商品を発送しようとしたら、PayPalから未承認取引のケースが上がったんです(苦笑)発送前で良かったです。」

 

スージー「なるほど、そのバイヤーさん、PayPalのみならず、eBayもハッキングされていた、ってことだね。」

 

メグ「いや~、ちょっと怖いですね」

 

スージー「じゃあ、今日は、このMC010について解説をしていくね。」

 

MC010とは?

eBayからのメール「MC010」とは、アカウントに関する警告です。Account restriction(アカウントの制限)Unauthorized use of your account(未承認取引)などの種類が存在します。今回の場合は、タイトルにある通り、「Account Security Communication Partner Warning」、連絡を取り合ったアカウントのセキュリティ警告です。今回の場合、「最近、ハッキングされたeBayアカウントとコミュニケーションがあったようですが、あなたは大丈夫ですか?」という予防策のメッセージです。

 

MC010のメールを受け取った場合の対処方法

もし、eBayからMC010のメールを受け取った場合は、該当のセラーやバイヤーとの取引内容やメッセージ内容で、問題があるものに関しては、eBayが示すメールアドレス「spoof@ebay.com」に報告をします。

 

(セラーの場合)

今回のメグさんのケースは、イタリアのバイヤーが指定した発送先がロシアであることを不審に思い、バイヤーへ確認しました。すると「確かに注文した」との返信を受け取りましたが、この時点で、既にバイヤーのアカウントはハッキングされていたのです。もし、商品発送前であれば、商品の発送はストップし、取引を中止します。eBayまたはPayPalを通じて、未承認取引のケースがオープンしていてば、返金をし、ケースをクローズします。万が一、発送してしまった場合でも、eBayまたはPayPalの発送先住所となっていれば、eBayまたはPayPalの保護プログラムにより、売上、送料の合計額は補償されます。

 

(バイヤーの場合)

第3者になりすましたセラーからの購入に関するオファーには返信等は行いません。偽のeBayページでの購入や、eBay外での取引については、eBayで補償されません。また、セカンドチャンスオファーを装う詐欺も存在します。このようなメールを受け取った場合は、必ず、My eBay内のMessagesを確認します。もし、そのセカンドチャンスオファーのメールが本物であれば、eBay内のMessagesにも送信されています。

 

メグ「いや~、商品発送前で良かったです。スージーさんは、MC010のメールを受け取った経験はありますか?」

 

スージー「うん、あるよ。今回のメグさんのケースとほとんど同じだったね。ドイツのバイヤーさんで発送先がロシアだったので、念のため確認したところ、きちんと返信もあって、問題がない、と判断して、商品を発送してしまったんだ(苦笑)」

 

メグ「え~、その後、どうなっちゃんですか?」

 

スージー「まず、前述の通り、もし発送してしまっても、eBayやPayPalの補償対象ではあるよね。でも、調査とか時間もかかるし、ハッキングされたバイヤーさんは気の毒なので、

すぐに郵便局へ連絡して、いわゆる差し戻し扱いにしたんだ。」

 

メグ「確か、郵便料金は戻ってきませんよね。差し戻し手数料もかかるはずですよね。」

 

スージー「メグさん、良く知っているね!! この事をPayPalのカスタマーサービスに相談したところ、郵便料金と差し戻し手数料はきちんと補償してくれたんだ。」

 

メグ「なるほどです。スージーさんの行動は、PayPalに対する協力に当たったわけですね。」

 

スージー「そのようだね。」

 

今日のまとめ

今日は「MC010」というeBayからの警告メールについて解説をしました。アカウントに関する警告であるため、それが自身のアカウントのことなのか、それとも、取引の相手方のアカウントのことなのかをまずよく確認しましょう。今回の事例は、バイヤー側のアカウントがハッキングされた場合の注意点を解説しました。万が一、未承認取引に対して、商品を発送してしまった場合でも、eBay/PayPalの発送先住所を使用していれば、代金は補償されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください