スージーのeBay何でも相談室 「eBay セラーレベルのBelow Standardとは?」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

スージー「メグさん、eBayでのセラー活動が順調なようだけど、たまには、Seller Dashboardで自分のアカウントの状態は確認しているかな?」

メグ「はい、ちょくちょく確認するようにしています。セラー管理画面はSeller Hubにしておいた方がイイですね。eBayセラーをやっていれば、否が応でも、Overviewの画面は毎日見ますからね。」

スージー「じゃあ、自分のセラーレベルは確認できているね。」

メグ「はい、おかげさまでTop rated sellerの状態です。ところで、セラーレベルにはAbove stardard、Below standardの3段階がありますけど、この一番下のBelow standardって、どうなっちゃうんですか?」

スージー「うん、Below standardになってしまうと、アカウント的には相当しんどいんだ。eBayのアカウントの危機管理として、是非、学んでおいてね。

 

Seller dashboard(セラー・ダッシュボード)とは?

この機能は、過去12ヶ月以内に10以上のDetailed seller ratings (DSR)がある全てのセラーが使用することが出来ます。
あなたのeBayビジネスを管理し、成功するための必要なデータが集約されています。
My eBay > My Account > Seller Dashboardからアクセスすることが出来ます。Seller hubの場合は、Overview内に表示されています。

 

Your seller level(セラーレベル)について

各々の項目の右側の vマークをクリックすると、詳細を見ることが出来ます。ここでは、セラーレベルに直接関わる①②③について解説していきます。

①Current seller level
現在のSeller levelが示されています。このセラーの場合は「Top Rated」というレベルです。Seller levelは次の3種類となります。

・Below Standard (標準以下)
・Above standard(標準)
・Top Rated (優秀)

②If we evaluated you today
翌月のSeller levelの予定が示されています。Seller levelは、毎月20日に見直されます。このセラーの場合は、現在の状態では、翌月も「Top-Rated」が維持されます。

③Transaction defect rate
eBayにおける取引の不具合率が示されています。このセラーの場合は、現在不具合はゼロです。取引の不具合とは「在庫切れによる取引のキャンセル」「セラーが解決できなかったケース」の2種類です。1年間全体の取引数において、不具合の割合が2%を超えると、Seller levelはBelow standardに転落し、0.50%以下であれば、Top-ratedを維持することが出来ます。

Below Standardになってしまうと。。。

「在庫切れによる取引のキャンセル」「セラーが解決できなかったケース」の2種類の不具合割合が2%を超えると、Below standardに転落してしまい、以下のようなデメリットが発生します。

1. eBayの落札手数料が4%上がる
通常、9~10%である落札手数料が13~14%に上がってしまいます。

2. リミット数に係わらず、出品数が制限される、または特定サイトで出品が不可となる。
ストア契約している場合、ランクを落とされる場合もあります。
(例:プレミア → ベーシック)

3. 当然、リミットアップ交渉が出来ない。

4. PayPalの資金留保(最大21日)が実施される

5. eBayでのSEOが下がる事で、Best Matchや関連商品で表示されず、極端に検索順位が下がってしまう。

 

このように、良い取引を行なって、信頼回復に努める必要があるにも係わらず、出品数に制限がかかり、検索もされないため、結果的に、どんどん売上が下がっていく、という事になります。
よって、万が一、前述の③の要素が少しでもある場合は、Below Standardに転落してしまう前に、不具合が薄まるような行動を行います。

 

デッドラインを件数で捉えておく

まず、Transactions you canceled for being out of stock(在庫切れによる取引のキャンセル)とCases closed without seller resolution(セラーが解決できなかったケース)の合計が2%を超えない事が条件ですので、不具合は100件中2件という事になります。よって、まず、「セラー都合のキャンセルは絶対に行なってはいけない」ことになります。

Cases closed without seller resolution(セラーが解決できなかったケース)単体でのデッドラインは0.3%です。件数に換算すると、1000件中3件ということになります。ケースがエスカレートした場合は、まず、セラー側で早急にRefund(返金)してしまう事がありますが、稀にeBayの自動クローズ判断が非常に早まってしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

今日のまとめ

eBayのセラーレベルは常日頃確認を行います。万が一、セラーレベルのBelow Standardという一番低いレベルになってしまった場合、落札手数料はアップし、出品数は制限され、検索結果も優先されず、売上と信頼回復が非常に困難になってしまいます。
まずは、このような事態にならないよう、アカウントの状態を確認し、不具合があれば、Below standardになってしまう前に、原因となる要素を解消するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください