スージーのeBay何でも相談室 「eBay 商品はリアル仕入れがいいのか、ネット仕入れがいいのか~その2」

 

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

メグ「こんにちは!先日は、eBayで販売するための商品調達の方法として、リアル店舗仕入れのメリット、デメリットを教えて頂きました!私は、中古品の仕入れの場合は、やっぱり、現物を見て仕入れたいなあ、と感じているんで、リアル店舗派かなあ、と思ったりしています。」

スージー「メグさん、今は、住んでいる周辺に仕入れができそうな店舗があるんだよね。これがなくなってしまったらどうする?」

メグ「う~ん、ネットで仕入れるしかないですね(苦笑)」

スージー「うん、周辺の店舗の有無に関係なく仕入れが出来るのが、ネット仕入れの最大の強みだよね!今日は、ネットショップでの仕入れのメリット、デメリットを一緒に共有していこうね。」

 

おさらい~商品の仕入れ方法は大きく分けて2つ

物販は「物を販売する」ですから、まずは「物=商品」が命です。売れる商品を市場価格より安く仕入れることが出来れば、間違いなく利益は出ます。

その商品の仕入れ方は大きく分けて2つです。

①リアル仕入れ
②ネット仕入れ

 

リアル仕入れは、実際の店舗から商品を仕入れることです。店舗せどり、リアル店舗仕入れなどとも言われます。
ネット仕入れは、インターネット上のネットショップ、オークションサイトなどから商品を仕入れることです。電脳仕入れ、オンライン仕入れなどとも言われます。

この記事では、筆者の事例に沿って「ネット仕入れ」について説明をしていきます。

 

ネット仕入れ

筆者は、近隣のBOOK OFF、HARD OFFや、中古レコード店など、リアル店舗での仕入れと同時に、ネット仕入れも沢山行なっています。主な仕入先は、ヤフオク、メルカリ、日本のアマゾン、ヨドバシカメラです。

eBayでの売れ筋は、eBayの販売履歴である「Sold listings」を見ながら、リサーチをしていきます。eBayで人気のある商品をヤフオクなどで見つけて、調達をしていきます。
いわゆるリアル仕入れですと、初心者にとって、「他の客や店員の目が気になり、現場でリサーチをするのは落ち着かない」のですが、自宅やカフェなど自身のPCの前では、納得が行くまでリサーチをすることが可能です。

リアル店舗には営業時間があるため、本業のスケジュールを合わせられない、という方がいらっしゃいます。その点、ネットショップは24時間営業ですので、早朝、深夜問わず、また、モバイルを活用すれば、通勤電車、昼休み、移動中など、自分の好きな時間、場所で仕入れが可能です。

また、ヤフオクのサイトひとつ捉えただけでも、雑誌の付録から車まで、ありとあらゆるもの、常時4300万個の商品が出品されていますので、住んでいるエリアの周りに、1件も店舗がなくても、仕入れには全く困りません。

商品は原則郵送されてきますので、自分で持って移動する時間の短縮になります。天気も関係がありません。暑い時期、寒い時期、大雨でも台風でも、ネット仕入れは自分のペースでドンドンできます。

ネット仕入れの最大のデメリットは、「実際の商品状態が分からない、商品説明と違う」です。アマゾンやヨドバシカメラなどの大手のネットショップで新品商品の仕入れでは全く問題はないでしょう。
中古商品の場合は、商品ページの写真や商品説明で判断する必要があります。
ヤフオクやアマゾンマーケットプレイスからの仕入れは、出品者の評価数や評価コメントを参考にすることで、「商品説明と違う」という点はほとんど回避できると思います。
ヤフオクやアマゾンマーケットプレイスで評価が少ないセラー、またはメルカリセラーは、本当に素人さんである可能性が高いため、注意が必要です。そういった場合の対策として、筆者の場合は、そのセラーに何か質問をしてみます。例えば、商品状態の詳細や、梱包方法などです。その質問に対し、回答が迅速かつ丁寧であれば、そのセラーは信頼し、商品を購入します。
また、評価数が一桁にも係らず、レア商品を大量に出品しているセラーは、出品商品が偽物の可能性が高いので、避けたほうがよいでしょう。また、良い評価は多いものの、評価コメントが報復コメントで荒れているようなセラーは避けた方が賢明です。

「自宅に不在がちで商品が受け取れない」といった場合は、郵便局の局留めサービスや日本郵便の「はこぽす」などのロッカーサービス、コンビニでの受取など、自身のライフスタイルに合ったサービスを見つける工夫も大切です。
https://www.post.japanpost.jp/service/hakopost/

 

今日のまとめ
eBayで販売するための商品調達は、大きくは「リアル仕入れ」「ネット仕入れ」の2種類です。ネット仕入れは、住んでいる場所に関係なく、ヤフオク、メルカリなどのオークション・フリマサイト、アマゾンなどのネットショップから、24時間好きな時間に好きなだけ仕入れが出来ますので、忙しい人に大変便利です。中古品の仕入れの際は、出来るだけ評価の高いセラーから購入し、何か疑問があれば、必ず事前にセラーへ質問をして解決しておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください