スージーのeBay何でも相談室 「eBayのバイヤーからキャンセルをしたいと言われた場合は?(商品発送後)」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。

eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。
メグ「こんにちは! 先日、eBayでのバイヤーさま都合によるキャンセルの場合の手順を教えて頂きました。例えば、バイヤーさんが商品代金を支払って、わたしも商品を送ってしまった後だった場合は、どのようにして対処すればいいのですか?」

スージー「eBayのバイヤーさんのキャンセル理由には、”ダブって購入していた” “友人からもらった””近くで手に入った”など、購入後に原因が発生する場合も確かにあるよね。自分もこのような場面を何度か経験したことがあるので、その時の対処方法をメグさんに共有しておくね。」

バイヤーから「商品発送後に」取引をキャンセルしたい、

との依頼があった場合

eBayの取引におけるバイヤーのキャンセル理由は様々です。

・既に同じものを持っていて重複購入してしまった
・更に価格の安いものを見つけた
・近隣で調達してしまった
・必要なくなってしまった など

これらは無事に商品を発送完了した後にも起こり得る事です。もし、商品発送後にバイヤーからキャンセルの依頼があった場合は、次のような対応をしましょう。

①商品発送済を理由にキャンセルをお断りする

バイヤーへ「既に商品を発送完了しているので、キャンセルせず、このまま購入してほしい」旨を伝えます。

(例文)
Hello,
Thank you for your message about cancelation.
However, we’ve already shipped your item.
Please do not cancel this order, enjoy your item.

(訳)
キャンセル希望のメッセージを有難うございます。
しかしながら、商品は既に発送済みですので、
どうかキャンセルをせず、そのまま商品をお楽しみ下さい。

②どうしてもキャンセルしたい場合の対処法

こちらから、「発送済みのため、キャンセルをしないで欲しい」との依頼に対して、それでもキャンセルしたい、とのことであれば、次の2つをバイヤーへ協力依頼をします。

(1)商品が届けられた際、受取拒否をして頂く
郵便局の配達時、バイヤーに商品の受取を拒否してもらえれば、商品はそのまま発送元へ返却されるため、別途の返送料はかかりません。

以下のようにバイヤー様に協力を仰いで下さい。

(例文)
Please refuse to accept the package from postal delivery worker.
Also please inform this to your family.
If you receive it, you have to do return prosess and pay return cost.
Thank you for your cooperation.

(訳)
郵便配達員へ荷物の受取拒否をして下さい。
ご家族の方にもそれをお伝え下さい。
もし、受け取ってしまうと、返送手続きと返送料の負担が必要にあります。
ご協力に感謝致します。

(2)商品を受け取ってしまった場合は、返送して頂く
バイヤーが商品を受け取ってしまった場合は、商品をそのまま返送して頂きます。

③発送済み商品のキャンセルにおける送料の考え方

eBayでの出品時には、「Return policy」を設定し、返品の場合の送料をセラーが持つか、バイヤーが持つか、という設定をします。その設定は、以下のように出品画面に表示されます。この場合は、バイヤーが返送料を負担することになっています。
仮に、この設定が「セラー負担」となっている場合でも、バイヤー都合による取引のキャンセルに要する送料は、バイヤーが負担するべきでしょう。

・受取拒否をした場合、日本からの送料はかかっていますので、その送料を差し引いた商品代金のみ返金をします。

・バイヤーが商品を受け取ってしまった場合は、まず返送料はバイヤーに負担して頂き、返送してもらいます。日本からの送料を差し引いて商品代金のみ返金する、とします。

・あくまで「バイヤー都合によるキャンセル」ですので、バイヤーが往復の送料を負担するとしておりますが、取引の事情でこの限りではありません。

・返金は、返送された商品を受け取ったらで問題ありません。

④一部返金の方法

eBay上からのキャンセル手続きは、支払いが完了している場合については、全額返金となってしまうため、一部返金については、PayPalを使って行います。

(1) PayPalでの該当取引をクリックします。


(2) 取引詳細が表示されますので、「この支払いを返金」をクリックします。

(3) 「返金を実行」ページ内「返金金額」の箇所に返金する額を入力します。


(4)取引詳細に返金が行われたことが表示されます。

(5) 一部返金を行った取引は、eBayのSold listingsの入金ステータスは、$マークが半分になります。


なお、返金した分についてのeBay落札手数料、PayPalの手数料はセラーへ返還されます。

⑤その他

・eBayの取引をキャンセル手続きできるのは、購入/落札後、30日後までです。
・バイヤー側が何かしらの理由により、既に「Item not received request(商品を受け取っていない)」などのケースを開いている場合、または、セラー側が「Unpaid item case(未払い)」などのケースを開いている場合は手続きできません。

今日のまとめ

1. バイヤーから「商品発送後に」取引をキャンセルしたい、との依頼があった場合は、
まず、発送済みであることを理由に、キャンセルをしないで欲しい、とバイヤーへ依頼する。

2. バイヤーが商品発送後であってもキャンセルをしたい、といった場合は、荷物の受取拒否や返送など、バイヤーに協力を頂く旨を連絡する。
3.バイヤー都合によるキャンセルの場合は、原則、返送料はバイヤー負担とする、また、返金は日本からの送料を差し引いた商品本体分を返金する。

4. 一部返金の手続きはPayPalを通じて行う。返金した分についてのeBay落札手数料、PayPalの手数料はセラーへ返還される。
5. eBayで取引のキャンセル手続きができるのは、バイヤーの購入/落札後、30日後までである。(ケースオープンしている場合はキャンセル手続きは出来ない。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください