eBayこんなものが売れる?! 第22話

こんにちは。ケイです。

「ebayでいい暮らしを!」を目指し、いろんな物をebayで売っていこうと思います。
「果たしてこれは売れるのか?!」を検証しながらeKURASHIを目指します。

*現在の状況

 

実はリラックマが終了日直前でBitつまり入札が入ったんです!
喜んでいたらeBayから↓のようなメールが・・・・(;’∀’)

何々??ってよく読んだら入札がキャンセルされたお知らせでした。
残念です。(-_-)

間違って入札したのでしょうかね? 入札のお知らせが来てすぐにこのメールが
届いたので、間違いってことが考えられますね。

この商品は間もなくRelistされまして、また5日間の入札を観察していきます。

その他の商品も相変わらず動きはなく、静観状態です。
ランドセルは割とViewが入ってはいますが、入札されてはおらずもう少し
出品しておこうかと思います。

 

*漆の箱の出品

 

今回は漆の箱を出品します。
だいぶ、出品作業も慣れてきました。(^o^)/

前回、カテゴリを確認してAntiquesカテゴリに出品することに決めたので
タイトルを入れます。
タイトルにも「漆塗り」のことを「lacquered 」というようですので、
この単語も忘れずに入れていきます。

ところで、今までも実は登録・入力していたのですが、
「Item specifics」という項目があります。
ここに何を入れるかというと、そのアイテム(商品)の色や素材、
どこで作られたか、商品コードなどなど商品によって入力される
項目が違ってくるのですが、今回は以下のように入力しました。

この「Item specifics」はカテゴリが変わると入力する項目も
自動的に変更されて表示されてきます。
中古の場合など、不明な点もあるかとは思うのですが、
判っている項目には私は必ず入力するようにしています。
ここを入力登録すると、以下の場所に表示されてくるんです。

ここだと部分的な写真なのでわかりずらいかもしれませんが、
商品ページをクリックした際のDescription のところのItem specificsに
表示されてきます。

商品ページの詳細を見なくても、大よそこの部分ででどんな商品かを
確認することができるので、極力埋めた方がよさそうです。

その後Item description で商品の詳細を明記します。
この商品の場合にはサイズの記載は必要かと思うので、縦x横のサイズを
センチとインチ表記で記載します。

また、この商品はちょっと古くまた側面に傷があるため、その部分を写真に
撮り、説明文のところで説明することにします。

また、箱の中にヒビが入っていました。(-_-)

割れてはいないので使えなくはないので「利用は可能ですよ」の意味でAcceptableとして
300円ぐらいからオークション出品で出品しようかと思います。

送料ですが今回は重さがあるものなので、ちょっと割高になってしまいます。
そこでSAL便を利用しようかと思います。
国によっては3週間かかるようですが、海外からの購入ということでその点を
明記しておきます。

その他ポリシーを登録して出品完了となりました。

*次回の出品するもの

 

次回出品するものをどうしようかと考えております。
また、売れないものをどのぐらいで見切るのか、つまり出品を取り下げるかですが
この辺も考えものです。
とりあえず、今は取り下げる方向ではないですが、あまりにも売れなかった場合は
出品を取り下げて、この記事内で「これは売れませんでした」と発表して
いこうかと思います。
「こんなものは売れない」というデータになりますね?!(;’∀’)

また、リミットにもよるかもしれません。
新規にセラーを始めたばかりは10品$500ですので
売れないものをそのまま出品しておかず、次の別の商品を出品して
徐々に売上を伸ばすということも必要かもしれませんね!

さて、次回の出品商品は・・・・
あ?!思い出しました!
ランドセル2つもらったんでした。
ひとつのランドセルを出品していこうかと思います。
こちらのランドセルの方がたしか、ダメージ度は低かった気がしますので
固定価格で出品してみようかなぁ~と考えております。

実はざっとしかコンディションを確認していないので、再度コンディションを
確認してから、出品作業に入りたいと思います。

 

<今回のまとめ>

 

1.現在の状況:リラックマのペットボトルカバーに入札されましたが、直後に
キャンセルのメールがeBayより送られてきて残念です。
更にRelistされたので、今後の動きを見続けます。
その他の商品についても入札はなく、ビューも少ないのですがランドセルはビューが
伸びているので、そのうちに入札されるかもしれません。

2.漆の箱の出品:出品の手順を記載しましたが、いつもどおりの手順
「ステップ1:カテゴリ調べ」、「ステップ2:タイトル記載→
タイトルには必ず入れる単語をいくつか調べて置いた方がスムーズです」、
「ステップ3:送料の決定→商品そのものの重量を測っておき、梱包分200gぐらい
プラスして送料を確認します。物により梱包材を多く使うため、200gをオーバー
することもあります」で出品しました。

3.次回出品するもの:新規出品も考えますが、売れない商品の見切り・
出品取り下げも考慮していく必要がありますね。
諦めず根気よく売れるまでずっと出品し続けるか、途中で取り下げるかは
やって人それぞれですが、リミットが低い時はある程度のところで
別の新しい商品に入れ替えて売上を伸ばしたり、落札率を上げたりする
戦略も必要です。

次回はランドセルや、その他の商品も出品したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください