スージーのeBay何でも相談室 「eBay Seller dashboardでアカウントの状態を確認しよう その2」

こんにちは。「eBay何でも相談室」のスージーです。
eBayでは、メディア関連商品を中心に販売しております。また、18年のネット販売歴を活かし、様々なネット販売のスクールにおいて、スクール生様のサポートを行なっております。

 

メグ「こんにちは!先日は、eBay Seller dashboardで、常にアカウントの状態を確認する事が大事と学ばせて頂きました!!」

 

スージー「決して難しいことではないよね。日々の在庫管理や期日通りに発送するなど、当たり前の事をしっかりと進めていけば大丈夫だよ。」

 

メグ「自分で管理できる事以外の点が心配です。。。例えば、バイヤーさまから返品を受けてしまったりとか。。。」

 

スージー「前回は、eBay Seller dashboardのSeller Levelについて学んだけど、それらを振り返りつつ、今日は、「Return rate(返品率)」「Top Rated Plus benefits(Top Rated Plusによる手数料の割引)」などについて説明をしていきます。

 

  • Seller level(セラーレベル)についての振り返り

eBayでは、セラーに対して、Below Standard  (標準以下) Above standard(標準)Top Rated (優秀)の3段階のSeller levelを設けています。
これらは、過去の取引における5つの要素「Transaction defect rate(取引の不具合)」

「Late shipment rate(発送の遅延)」「Cases closed without seller resolution(セラーが解決できなかったケース)」「Tracking uploaded on time and validated(期限通りかつ有効なトラッキングナンバーのアップロード)」「Transactions and sales(取引数と売上高)」によって示されます。これらの件数や割合は、各々の項目から確認することが出来ますが、

「Transactions and sales」の下、「See monthly breakdown」から一覧として確認することも出来ます。

  • Return rate(返品率)

過去1年間の取引においての返品率が示されております。このセラーの場合の返品率は、0.62%です。

以下の通り、ドロップダウンメニューから、カテゴリーやコンディション、購入金額によって、表示を変更することが出来ます。

2016年2月以前は、バイヤーからReturn Requestを開かれることだけでセラー・パフォーマンスがマイナス評価となり、「Transaction defect rate(取引の不具合)」のスコアが低下し、Seller levelの維持に大きな影響を与えておりました。

よって、バイヤーとの取引においては、「万が一、商品に不具合等あり、返品を希望される場合は、Return Requestを開くのではなく、まずはメッセージにてご相談下さい。」というメッセージを送ることが重要でしたが、現在は返品率が直接的にSeller levelに影響することはなくなりました。

しかしながら、Return requestの理由が、「商品説明と異なる」などの理由の場合、バイヤーは「Feedback」や「DSR」に低い評価を付ける場合があります。Seller levelには影響しないものの、「Feedback」や「DSR」は全てのeBayメンバーが閲覧することが出来ます。

よって、今後のeBayでの販売において、何かしらの影響が出る場合はありますので、返品率は低いに越したことはありません。

 

 

  • 参考~Feedback、DSR、オープンケースは、Seller Levelに影響するのか

結論から言うと、影響はありません。

バイヤーからのNegative または、Neutral Feedback、セラー評価(DSR)、オープンケースは、「Transaction defect rate(取引の不具合)」には、としてカウントされません。

オープンケースにおいて、セラーとバイヤー間で問題が解決できず、バイヤーがeBayへ介入を求め、eBayがセラーに責任があると判断した場合にのみ、カウントされます。



●Top Rated Plus benefits(Top Rated Plusによる手数料の割引)

 Top Rated sellerの更なる上に「Top-Rated Plus」というものがあり、下記の条件をみたすことで、落札手数料の割引を受けることが出来ます。このセラーはその条件を満たしたセラーです。



・Top-Rated sellerである事
・30日間(または以上)のReturn policy(返品ポリシー)を提供している事
・Same business day(同日)または1 business day(1営業日)のHandling time(入金から発送までの期間)を提供していること

(特典)
落札手数料(FVF:final value fees(落札手数料)の20%が割引されます。
※商品の最終売上価格にのみ適用とします。送料には適用となりません。

※2017年5月1日より、割引率が10%に変更されます。

 

  • その他の機能


Seller dashboard画面の左側メニュー「Reports and service tools」からは、より詳しいアカウントのパフォーマンスについて確認することが可能です。特定の課題がある場合は、より詳細を確認することが出来、セラーパフォーマンスの改善に役立てることが出来ます。

 

Detailed Seller Ratings reports

→ こちらでは、エリア毎、カテゴリー毎などに基づいた詳細のセラー評価を最大3ヶ月分を閲覧またはダウンロードすることが出来ます。


Traffic reports

→ 自身のページへのアクセス数が確認できます。こちらの機能は現在、eBayの新管理ツール「Seller hub」にて閲覧することが出来ます。

 

Sales reports
→ こちらは、期間別の売上、カテゴリー別売上高、フォーマット別売上高などのレポートが表示されます。事前に、My eBay > My Account > Subscriptions > Sales Reports Plusを登録する必要があります。(無料)

 

File Management Center

→ ファイル管理センターを使用して在庫と販売記録を簡単に管理できます。

 

Report a buyer

→ 取引において、セラーはバイヤーに対して、Negativeの評価は残すことが出来ませんが、ポリシー違反など、eBayに詳細を伝える必要がある場合は、こちらから通報できます。

 

今日のまとめ

1. Seller Dashboardの「Seller level(セラーレベル)」は、

 「Below Standard  (標準以下) 」「Above standard(標準)」「Top Rated (優秀)」の  3段階である。

 

2. Seller level(セラーレベル)は、「Transaction defect rate(取引の不具合)」「Late shipment rate(発送の遅延)」「Cases closed without seller resolution(セラーが解決できなかったケース)」「Tracking uploaded on time and validated(期限通りかつ有効なトラッキングナンバーのアップロード)」「Transactions and sales(取引数と売上高)」の5項目の状態により、決定される。
 

3. Return rate(返品率)そのものは、直接的にSeller levelに影響することはないが、バイヤーが「Feedback」や「DSR」に低い評価を付ける場合があるため、返品率は低いに越したことはない。

4. Feedback、DSR、オープンケースは、Seller Levelに影響することはないが、オープンケースにおいて、eBayがその問題に介入し、eBayがセラー責任と判断した場合は、ディフェクトとしてカウントされる。


5 Top Rated sellerの更なる上である「Top-Rated Plus」の条件をみたすことで、落札手数料の割引を受けることが出来る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください